ルーニー、現役引退の可能性に言及 「もし長期的にチームを率いることになれば…」

ダービー・カウンティで選手兼コーチを務めているFWウェイン・ルーニー【写真:Getty Images】
ダービー・カウンティで選手兼コーチを務めているFWウェイン・ルーニー【写真:Getty Images】

ダービーの暫定指揮官としてチーム再建を託されたルーニー

 英2部ダービー・カウンティで選手兼コーチの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、正式監督のオファーがあれば引退する準備ができていると明かした。英紙「デイリー・メール」が報じている。

 今年1月からダービーでプレーしているルーニー。今月15日にフィリップ・コクー前監督が解任されたことを受け、チームの暫定指揮官となっていた。

 すでにライセンス取得に向けて動いており、将来的な監督転身の野望を明かしているルーニーだが、クラブからのオファーがあれば選手を引退する準備はすでにできているようだ。

「(引退する)可能性はもちろんある。もし長期的にチームを率いることになれば、プレーとの両立はできないと感じている。チームを率いることがなければプレーを続けるだろう。だが、もしフルタイムでの指揮を求められれば、私はプレーを終えることになるだろう」

 ダービーは開幕13試合を終えた時点でリーグ最下位に沈んでいる。苦境のなかでルーニーは「ダービーがこの混乱から抜け出すために、私たち全員ができることをしている」と暫定指揮官としてチームを再建に意欲を見せている。”ルーニー監督”誕生の瞬間も近いのかもしれない。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング