川崎MF家長、痛み止め打つ“男気”出場でV導くハット達成 寡黙な男の絶大な信頼「背中で見せる」

ハットトリックで勝利に貢献した川崎MF家長昭博【写真:Getty Images】
ハットトリックで勝利に貢献した川崎MF家長昭博【写真:Getty Images】

家長がハットトリックで川崎を2年ぶり3度目の優勝に導く 「期待に応えたいと思った」

 首位を独走する川崎フロンターレが25日、J1リーグ第29節ガンバ大阪戦で5-0の勝利を収め、4試合を残しての史上最速優勝が決まった。2位G大阪との直接対決で完勝。3試合を残して優勝した名古屋グランパス(2010年)、ヴェルディ川崎(ステージ優勝/1995年NICOS)を抜いて最速Vとなり、2年ぶり3度目の頂点に輝いた。この日、ハットトリックを達成した元日本代表MF家長昭博は“男気”でピッチに立ち、結果で示した。

 2位G大阪との直接対決で引き分け以上なら優勝が決まる一戦。90分間、川崎が攻守において圧倒した。前半22分、G大阪のカウンターを阻止してからの展開で、左サイドバックのDF登里享平がグラウンダーのクロスを入れると、飛び出したFWレアンドロ・ダミアンがダイレクトで合わせて先制。さらに、前半終了間際に魅せたのが家長だった。CKからL・ダミアンが頭でつないだボールを左足で押し込み、追加点を奪った。

 後半開始からも川崎は攻撃の手を緩めない。同4分、三笘のパスに再び家長が合わせてゴール。同28分にはカウンターからL・ダミアンのパスにまたも三笘が抜け出し、横パスに右サイドから駆け上がった家長が反応。自身J1初のハットトリック達成となるチーム4点目を叩き込んだ。

 後半45分には、途中出場のMF齋藤学が決めて5-0とし、直接対決で文句なしの強さを見せた。4節残して史上最速V、さらにこの日で勝ち点3を積んで同75とし、2015年のサンフレッチェ広島と2016年の浦和レッズ(勝ち点74)を抜いて、最多記録を更新。24勝で最多勝利となる記録ずくめの優勝を家長がお膳立てした。

「1点目は昨日の練習で狙っていた形。ニアで(味方が)そらしてファーに詰めるという形を練習していたので、その通りになった。2点目はいい形で(三笘)薫がだしてくれて、逆サイドに打てたのが良かった。3点目も薫のアシストですけど、最後詰めるだけで良かったです」

 実は、家長は第27節鹿島アントラーズ戦で左足首を負傷。横浜F・マリノス戦、大分トリニータ戦とベンチメンバーから外れていた。だが、アウェーの大分戦で優勝を逃し、ホームで迎えるこの日のG大阪戦に向けて、鬼木達監督から「出てもらいたい」と頼まれた。指揮官はこう明かしている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング