川崎、2位G大阪との直接対決制しJ1史上最速V! 家長ハットで2年ぶり3度目の頂点

川崎の2シーズンぶり三度目のJ1制覇が決定【写真:高橋学】
川崎の2シーズンぶり三度目のJ1制覇が決定【写真:高橋学】

ホームで5-0と完勝、家長が自身J1初ハットトリックを達成

 首位を独走する川崎フロンターレが25日、J1リーグ第29節ガンバ大阪戦で5-0の勝利をおさめ、4試合を残しての史上最速優勝が決まった。2位G大阪との直接対決で完勝。3試合を残して優勝した名古屋グランパス(2010年)、ヴェルディ川崎(ステージ優勝/1995年NICOS)を抜いて最速Vとなり、2年ぶり3度目の頂点に輝いた。

 引き分け以上で優勝が決まる一戦。試合開始から川崎が主導権を握った。前半14分、MF三笘薫のドリブル突破からMF大島僚太がシュートを放つもDFに阻まれた。同18分にはMF田中碧の強烈なシュートでゴールを狙ったが、惜しくも枠外に外れた。

 そして同22分、待望の先制点が生まれた。G大阪のカウンターを阻止してからの展開で、左サイドバックのDF登里享平がグラウンダーのクロスを入れると、飛び出したFWレアンドロ・ダミアンがダイレクトで合わせて豪快に突き刺した。

 さらに、前半終了間際にはCKからL・ダミアンが頭でつなぎMF家長昭博が左足で押し込んで追加点。G大阪には全くチャンスを作らせないまま前半を2-0で折り返した。

 後半開始からも川崎は攻撃の手を緩めない。同4分、三笘のパスに再び家長が合わせてゴール。リードを3点に広げた。さらに、同28分にはカウンターからL・ダミアンのパスに三笘が抜け出し、横パスに右サイドから駆け上がった家長が反応し、自身J1初のハットトリック達成となるチーム4点目を叩き込んだ。

 後半41分には大島に代わってMF中村憲剛がピッチに立った。平日にもかかわらず駆け付けた1万1360人のサポーターから大きな拍手に包まれた。さらに後半45分には、途中出場のMF齋藤学が決めて5-0とした。

 “頂上決戦”で完勝した川崎は24勝3分3敗の勝ち点75で、4試合を残して優勝が決定。2年ぶりに王者に返り咲いた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド