鳥栖GK朴一圭、30m疾走の圧巻“インターセプト”に称賛 「これぞメイドインFマリノス」

サガン鳥栖でプレーするGK朴一圭【写真:Getty Images】
サガン鳥栖でプレーするGK朴一圭【写真:Getty Images】

柏戦でオルンガへのスルーパスを見事に阻止

 サガン鳥栖は21日、アウェーでのJ1リーグ第28節・柏レイソル戦で2-1と勝利した。10月25日に横浜F・マリノスから期限付き移籍で加入したGK朴一圭の、“らしい”飛び出しに脚光が当てられている。

 鳥栖は後半8分、FW林大地がチームトップを走る今季8点目を挙げて先制すると、同21分にルーキーMF本田風智が今季3点目で追加点。終了間際に柏FWオルンガに被弾してクリーンシートこそ逃したが、2-1で逃げ切り11月に入って4戦負けなし(2勝2分)となった。

 調子を上げつつあるチームの原動力になっている朴一圭だが、セービング以外にも魅せた。

 0-0で迎えた前半41分、柏は鳥栖の最終ライン裏のスペースを突いてオルンガへの絶妙なスルーパスが出る。オルンガへ通るかと思われたが、猛スピードでゴール前から約30メートルを疾走した朴一圭が鮮やかにインターセプトしてみせた。直後のプレーで逆サイドへのパスは通らなかったとはいえ、ピンチを未然に防ぐ果敢なプレーだったことに変わりはない。

 中継を担当した「DAZN」公式ツイッターは、「すごい判断! 朴一圭がここまで飛び出した! プレーを予測し、センターライン付近まで飛び出す」と動画を公開。ファンからは「パギさん、あそこまで行くとは…スゴい」「勇気あるね!」「見慣れた光景ですね」「これぞメイドインFマリノス!」「真似できない個性です」と称賛の声が上がっている。

 朴一圭はこの試合、相手GKキム・スンギュ(4.525km)を大きく上回る走行距離7.166kmをマーク。ハイラインを特徴とし、昨季リーグ王者となった横浜F・マリノスで培った個性を鳥栖でも遺憾なく発揮している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング