名将ペップ、マンCとさらなる契約延長も視野!? 「幸せだったらどうしてダメなんだ?」

マンチェスター・シティとの契約延長をしたグアルディオラ監督【写真:Getty Images】
マンチェスター・シティとの契約延長をしたグアルディオラ監督【写真:Getty Images】

さらなる延長には「成功を収めていて、幸せだったら、どうしてダメなんだ?」と言及

 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は19日、マンチェスター・シティと新たに2年契約を結び、2023年夏までプレミアリーグで戦い続ける決断を下した。これにより、計7シーズンはシティを率いることになったが、さらなる長期政権になる可能性も否定しなかった。米スポーツ専門局「ESPN」が報じている。

 これまでグアルディオラ監督は、バルセロナで4シーズン、バイエルンで3シーズンにわたって指揮を執ってきた。シティでは5シーズン目に突入し、さらに2シーズンの契約延長を結び、過去最長となる期間、シティを率いることになる。

 21日のプレミアリーグ第9節トッテナムに向けた記者会見で、さらなる契約延長について問われたグアルディオラ監督は、その可能性を否定しなかった。

「分からないね。私がここに来た時、7年間にもなるとは想像していなかった。何が起こるかは、私にも分からない。正直なところ、結果にもよるだろう。私たちが成功を収めていて、幸せだったら、どうしてダメなんだ? 成功を得られなくて、幸せになれなかったら変わるだろう。シンプルなことだよ。私はここにいて、信じられないような成功を収め続けたい。昨年、私たちは二つのタイトルを獲った。直近の3シーズンで8つのタイトルを勝ち獲っているし、それを繰り返したい」

 サッカーの監督は、たとえ長期契約を結んでいても、結果を出せなければ解任になることも珍しくない。シティの監督就任後、181勝28分36敗という成績を残してきたスペイン人監督は、延長した期間でどのような成績を残していくだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング