メッシはなぜ走らない? “緩慢守備”の理由を恩師ペップが説明「常に周りを見ながら…」

バルセロナFWリオネル・メッシ【写真:AP】
バルセロナFWリオネル・メッシ【写真:AP】

周囲を観察し、相手のウィークポイントを探っていると主張

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、緩慢な守備を批判されることがある。しかし、かつてバルサを率いた“ペップ”ことジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ)は、メッシが歩くのには理由があると説明した。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 現在シティを率いるグアルディオラ監督は、2008年から12年にかけてバルセロナの指揮官を務め、黄金期を築き上げた。4年間でメッシとともに3度のリーガ・エスパニョーラ制覇、2度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝など、数々のタイトルを獲得している。

「マルカ」は世界最大のEC企業Amazon(アマゾン)の映像サービス「アマゾン・プライム・ビデオ」のシリーズ番組「This is Football」第6回で、グアルディオラ監督がメッシの守備に言及した箇所に注目。同監督は、メッシが試合中に歩いている映像を見ながら「彼は今、観察しながら歩いているんだ」と述べ、こう続けている。

「彼の歩いているところが一番好きだ。ゲームから消えているわけじゃなく、ちゃんと関わっている。頭を動かしているだろう。右へ、左へ、左へ、右へと。これから何が起きるのか、完璧に把握しているんだ」

「走っていなくても、常に周りを見ながら何が起きているのかを把握している。ディフェンスラインのウィークポイントがどこかを嗅ぎつけるし、5分か10分で、彼の目にはピッチの様子が浮かび上がり、頭の中ではどこにスペースがあるのか、全体像を的確に把握している」

 さらに、グアルディオラ監督はそうしたメッシの様子を「まるでジャングルのようなところで生き残るための方法だ」と表現。批判を浴びることもある守備時のメッシの振る舞いだが、“恩師”はメッシにとって重要な意味を持つ行動であると主張していた。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング