「監督をやり続ける意欲は?」 大敗直後に厳しい質問…独メディアの姿勢が代表を鍛える

厳しい質問に答えるドイツ代表ヨアヒム・レーブ監督【写真:Getty Images】
厳しい質問に答えるドイツ代表ヨアヒム・レーブ監督【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】スペインに0-6大敗直後、レーブ監督に説明を求めたドイツTV局の司会者

 ドイツ代表がスペイン代表に0-6で敗退した直後のテレビインタビューで、ヨアヒム・レーブ監督はすぐ明確な説明ができずに苦い顔をし続けていた。

 ドイツ国営放送「ARD」司会のマティアス・オプデンヘーフェルが、引き分け以上でUEFAネーションズリーグ4強進出を確定できた試合で歴史的大敗を喫したことについて「どのような説明を?」と話を振ると、レーブは5秒間言葉を探す。

「現時点では説明をするのが難しい。今日は我々にとって最悪な一日になってしまった。何一つ上手くいかなかった。ボディランゲージからも、緊張感からも、1対1の競り合いにおける振る舞いにしても、何一つピッチ上で見られなかった。勇敢にプレーしたかったが、オフェンスもディフェンスもいいところが何もなかった」

 その言葉を引き継いで、オプデンヘーフェルが鋭く切り込んでいく。

「何一つ説明がないんですか? 良くない試合はありうることです。でもそこからなんとか立て直すために体を張ったり、歯を食いしばったり、内容的にスペインには負けたが、そこに対抗しようと全力を出したということはできたはず。90分間試合はあるのですから」

 レーブはそれを受けて気持ちを少し持ち直し、少なからずの説明を口にし出す。

「0-1でこの試合に向けてのコンセプトを放り出してしまった。突然前から追いかけ回し、中盤にスペースを与えてしまった。スペインのようなチームだと、そこをかいくぐってくることができる。コンセプトを失い、組織プレーをなくしてしまい、コミュニケーションがなくなってしまった。0-1で組織的なプレーをあきらめてしまった。今日の試合では、それが致命的だった」

 その後はテレビ解説の元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーも含めて言葉を交わしあっていたが、最後にオプデンヘーフェルはレーブにこんな質問をしていた。

「今日の0-6を受けても、3月からまた気持ちも新たに監督をやり続ける意欲はおありですか?」

 なんと“どストレート”な質問だ。

 レーブはすっと頷いた。そして言葉を続ける。

「すべてをしっかりと受け止め、振り返り、自問自答をするのは我々の課題であり、義務だ。我々はもっと違うプレーができるし、もっといいプレーをすることができるのは間違いない。だが我々には今、守備に大きな問題がある。1対1の競り合い、コンパクトさ、守備の軽さ。正しい答えを見出さなければならない。今日はすべてが悪かった。何一つきれいごとを言うことはできない」

page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング