「走らないスーパースター」の是非 “守備をしない”メッシやC・ロナウドは「怠慢」か

「スーパースターが走らない」のは、クライフにとっては良い傾向

 つまりこういうことだ。まず、人ではなくボールを走らせる。そのためには選手は正しいポジションに正しいタイミングでいればいいので、実はそんなに走る必要はない。もちろん高度な技術が前提である。そうしてパスを回して敵陣に押し込んでしまえば、ボールを失うのも敵陣になる。正しいポジショニングで攻め込めていれば、コンパクトなまま正しいポジショニングで守備ができる。結果的に、守備でもそんなに走る必要がない。

 強いチーム、良いチームはそういう攻守ができる。そういうチームの選手は走らない。だからスーパースターが走らないのは、クライフにとっては良い傾向ということになるわけだ。

 守備をする、しない。走る、走らない。そういう1つの現象で見てしまうと、もっと重要なことを見失うよと、クライフの言葉から教えられた気がしたものだ。けれども、メッシやロナウドやイブラヒモビッチの現状を見たとしたら、クライフはなんと言っただろうか。

「いくらなんでも、もう少しは走れ!」と言うのではないか。それとも、やはり個人ではなくチームに問題があると言うのだろうか。

(西部謙司 / Kenji Nishibe)


page1 page2

西部謙司

1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング