浦和L、6年ぶりリーグ優勝が決定! 猶本、安藤ら5発大勝で4度目V「今季はやりたいサッカーが共有」

浦和レッズレディースの優勝が決定【写真:Getty Images】
浦和レッズレディースの優勝が決定【写真:Getty Images】

愛媛の5-1で勝利! プレーヤー・オブ・ザ・マッチの塩越が喜びを語る

 浦和レッズレディースが6シーズンぶりに、なでしこリーグ(日本女子リーグ)の女王に輝いた。8日にホームで行われたリーグ第16節の愛媛FCレディース戦において5-1で勝利。前身さいたまレイナスFC時代から合わせて4度目の優勝を飾った。

 今季リーグ戦で首位を独走する浦和は、勝利すれば2試合を残して優勝が決まる状況でキックオフを迎えた。すると前半9分にDF長船加奈がコーナーキックの二次攻撃からこぼれ球を押し込んで先制に成功。すると、これで硬さの取れた浦和はゴールラッシュを見せる。

 同22分に先日なでしこジャパンに初選出されたMF塩越柚歩が左足ミドルを決めると、同36分にはMF水谷有希が自ら得たPKを蹴り込んで追加点。同40分にセットプレーから1失点したものの、同43分には昨季までドイツでプレーして今季から浦和に復帰した日本代表MF猶本光がタイミングを外したミドルシュートを決めて4-1で前半を折り返した。

 後半もゲームを支配した浦和は、ゴールこそ同18分にFW安藤梢がスルーパスに抜け出して決めた1点にとどまったが、危なげのない試合運び。愛媛にチャンスらしいチャンスを作らせずに、3899人の観衆が集まったホーム浦和駒場スタジアムで5-1の勝利を飾った。

 これでリーグ16試合を消化して勝ち点を40とした浦和は、2試合を残して2位で勝ち点32のINAC神戸レオネッサに並ばれる可能性が無くなり、2014年シーズン以来の優勝を決めた。

 プレヤーズ・オブ・ザ・マッチに選ばれた塩越は「優勝が決まるという記念の試合でしっかりとゴールを決められて、勝てて嬉しい。今シーズンはやりたいサッカーが共有できていて、やっていても見ていても楽しいサッカーができている結果がこうやって表れて嬉しい」と喜びを語った。

 来季から日本女子サッカーでは秋にプロリーグのWEリーグが開幕するため、節目のシーズンでの優勝は浦和が勝ち取った。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング