「水中の魚のように躍動した」 久保、悪天候下での“殊勲の得点関与”を現地メディア称賛

2得点に絡んだビジャレアルの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
2得点に絡んだビジャレアルの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

的確なクロスでバッカの2点目をお膳立てすると、ボール奪取からチーム3点目の起点に

 ビジャレアルの日本代表MF久保建英は、現地時間5日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)第3節マッカビ・テルアビブ(イスラエル)戦でアシストを含む2得点に絡む活躍で、4-0の勝利に貢献した。スペインメディアも「水中の魚のように躍動した」と賛辞を送っている。

 ビジャレアルのホームで行われた一戦は、試合開始前に豪雨でピッチが水浸しとなり、整備でキックオフが1時間遅れるアクシデントがあったが、EL3試合連続スタメンとなった久保は4-3-3の右ウイングに入って攻撃を牽引する。

 前半4分にコロンビア代表FWカルロス・バッカのゴールで先制。久保は同14分に右サイドからペナルティーエリア内に侵入し、MFアレックス・バエナとのワンツーで左足シュートを放つもミートしきれず。前半37分にはバッカにくさびを入れ、駆け上がってリターンを受けようとしたが、コントロールが乱れてフィニッシュには持ち込めなかった。それでも、久保は随所に局面に顔を出してリズムを作った。

 久保に見せ場が訪れたのは後半6分、ペナルティーエリア手前右でボールを持つと、ファーサイドのバッカへ狙いすましたクロスを供給。これをコロンビア人ストライカーが相手GKともつれながらねじ込んで追加点を挙げた。

 今大会3つ目のアシストを記録した久保は、後半15分にも右サイドでスローインを受けると、すかさず前線への的確なスルーパスでバッカのシュートを演出。さらに、同26分には右サイドで相手との球際のデュエルを制してマイボールにした久保を起点に、バエナがバッカのヒールパスを流し込んでネットを揺らし、リードを3点に広げた。ビジャレアルは試合終盤にも追加点を奪い、4-0で快勝を飾っている。

 スペインメディア「Grada3」は「ビジャレアルが雨の中で宴会」と見出しを打ち、バッカの2ゴールを含めてビジャレアルが劣悪なピッチコンディションの中で快勝を収めたことを速報。そのなかで、「悪天候にもかかわらず、クボが水中の魚のように躍動した」と2得点に絡むなど生き生きとプレーした19歳のレフティーを称えていた。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング