中村憲剛、現役引退発表で語ったサポーターへの“思い” 「感謝してもし切れません」

川崎フロンターレMF中村憲剛が今季限りでの引退を発表【写真:Getty Images】
川崎フロンターレMF中村憲剛が今季限りでの引退を発表【写真:Getty Images】

1日に現役引退を発表する会見を実施 「すべての皆さんの支えがあって…」

 川崎フロンターレは1日、オンラインでの記者会見を実施し、元日本代表MF中村憲剛の現役引退を発表した。2003年の入団から共に戦ってきた川崎サポーターに向けて、「感謝してもし切れません」と思いを明かしている。

 中村は03年に中央大学から当時J2の川崎に加入し、04年にはチームのJ1昇格に貢献。以降はJ1の強豪に成長していくチームを大黒柱として支え続け、16年にはJリーグMVPを受賞した。翌17年にはJ1初優勝を成し遂げ、18年にはJ1連覇の偉業も達成。そして19年にはクラブ初のルヴァンカップ優勝も経験している。

 しかし、昨年11月2日のJ1第30節サンフレッチェ広島戦(2-1)で左膝前十字靭帯損傷、左膝外側半月板損傷の重傷を負い、全治7カ月となった。選手生命を脅かす負傷だったが、懸命なリハビリの末に今年の8月29日に行われたJ1第13節の清水エスパルス戦(5-0)で復帰。10月31日のFC東京戦(2-1)では自身の40歳の誕生日に決勝点を決める活躍も見せていた。

 そして1日、現役引退を発表。劇的な決勝点の翌日ということもあり、中村は「このタイミングでこのような形で引退を発表することに、ビックリされた方も多いと思うので、申し訳ないと思っています」と語った一方、「僕自身、ギリギリで言いたくなかったですし、自分がプレーできる状態でこの形で引退を発表したかった」という自身の思いも吐露。サポーターに感謝するとともに、残された現役での時間に向けては、次のようにメッセージを発している。

「すべての皆さんの支えがあって僕はここまで走ってくることができました。感謝してもし切れません。ありがとうございました。コロナの関係で無観客や人数が制限されたり、声が出せなかったり、そういうなかで引退してもいいのかという思いはありました。でも、自分の思いはみんなの前で今シーズンしっかりやめるということで決まっていた。こういう状況で最後の挨拶がなかなかできない可能性があるなかでの引退は、申し訳なく思っています。でも、これからもしっかりプレーで魅せたいと思っていますし、引き続き最後まで応援よろしくお願いします」

 川崎の“バンディエラ”として長年走り続け、負傷を乗り越えて今も最前線で戦い続ける中村。引退を惜しむ声も多いなか、現役最後の瞬間まで全力を尽くすことを約束していた。


【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング