メッシ、来季マンC移籍の可能性消えず スペイン人記者が指摘「ドアは閉めていない」

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:AP】
バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:AP】

年明けから全クラブがメッシと交渉可能になる状況で、バルサはどう動くのか

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、今季開幕前に退団希望を行ったことで世界中に衝撃を与えた。そして、依然として来季にプレミアリーグの強豪マンチェスター・シティに加入する可能性は消えていないという。

 メッシは昨季のエルネスト・バルベルデ監督の解任劇などで、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長らのクラブ上層部への不信感を募らせ、ついには退団希望を明らかにするところまでいった。結果的に、超高額な契約解除条項を順守することで残り1年の契約に対してバルセロナでのプレーには合意したが、来季の去就に関しては不透明なままだ。

 そうしたなかで、スペインのテレビ番組「エル・チリンギート」で、ホセ・アルバレス記者は「彼はマンチェスター・シティに対するドアを閉めていない」とメッシの状況についてレポートしている。

 シティを率いるのは過去にバルセロナで指揮を執り、黄金期とも言える時期を形成して名将の評価を確かにしたジョゼップ・グアルディオラ監督。メッシとは当然ながら相思相愛の関係にあるだけに、シティとグアルディオラ監督の関係が継続される場合はメッシの加入も十分に納得できるものになりそうだ。

 現行契約が2021年6月までだけに、世界的なサッカー界のルールとして年明けからはすべてのクラブがメッシと直接来季の条件交渉を行うことができる。

 バルセロナはバルトメウ会長が辞任してクラブの環境には変化が見られるが、すでに約2カ月後からメッシが大きな話題の中心になるのは確実な情勢だ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング