“3人包囲網”突破からの「50m超」弾! ELで話題のゴラッソに喝采「とてつもない」「傑出」

ゴラッソを決めたレンジャーズMFケマル・ルーフェ【写真:AP】
ゴラッソを決めたレンジャーズMFケマル・ルーフェ【写真:AP】

レンジャーズMFルーフェがELスタンダール・リエージュ戦で決めた衝撃のゴール

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)は現地時間22日にグループステージ第1節が行われ、グループDのレンジャーズはスタンダール・リエージュと対戦し、2-0と勝利した。スティーブン・ジェラード監督の下、敵地で好スタートを切ったなか、後半アディショナルタイムに決まった衝撃ゴールの動画がEL公式SNSで公開され、反響が広がっている。

 驚きの一撃が生まれたのは、レンジャーズが1-0とリードして迎えた後半アディショナルタイム2分だった。1点を追うリエージュが前がかりになるなか、後半途中から出場していたMFケマル・ルーフェが、自陣中央で相手DFジーニョ・ファンフースデンと競り合いながらボールをキープ。相手3人に囲まれながらドリブルで前進し、センターサークル手前でDFニコラス・ガボリーを“裏街道”で抜き去った次の瞬間だった。

 一度相手ゴール方向をルックアップすると、センターライン付近で右足を一閃。強烈な一撃が、前にポジションを取っていたGKを嘲笑うかのような軌道を描き、ゴールライン上にワンバウンドしてネットを揺らした。

 50メートル超えの衝撃ロングシュートの映像を、EL公式ツイッターとインスタグラムが「息を呑むような…」と記して公開。コメント欄には「ファンタスティックなゴール」「シーズンベストゴール候補」「とてつもないビジョンとスキル」「傑出」「センセーショナル」など、海外ファンから称賛の声が寄せられていた。

 狭い局面を自ら打開し、相手の一瞬の隙を見逃さずに決めたゴラッソの反響が広がっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング