「職人技!」 遠藤保仁、移籍後初の”芸術的”FK弾にファン感嘆「こんな簡単に入るもん?」

ジュビロ磐田MF遠藤保仁【写真:小林 靖】
ジュビロ磐田MF遠藤保仁【写真:小林 靖】

群馬戦の前半29分、直接FKから磐田移籍後初ゴールをマーク

 ジュビロ磐田は25日、J2リーグ第29節のザスパクサツ群馬戦で3-1と勝利し、ホームで2試合ぶりの白星を飾った。この試合で、ガンバ大阪からレンタル移籍で加わった元日本代表MF遠藤保仁が直接FKを決め、移籍後初ゴールをマーク。正確な右足から放たれた名手の一撃に、ファンからは感嘆の声が上がっている。

 遠藤は今季ガンバ大阪で在籍20年目を迎え、J1リーグ最多出場記録も更新したが、リーグ戦出場が11試合、先発出場は3試合にとどまっていた。出場機会を求めるなかで、1年でのJ1復帰を目指す磐田への期限付き移籍を決断。6日からチーム練習に合流すると、新天地デビュー戦となった第25節の松本山雅FC戦(0-0)から前節の東京ヴェルディ戦(0-0)まで4試合連続でスタメン出場を果たしてきた。

 今節の群馬戦でも先発メンバーに名を連ねると前半29分、待望の移籍後初ゴールが飛び出した。磐田はペナルティーアーク内でFKを獲得。絶好の位置から遠藤が正確な右足キックで狙うと、ボールは壁を越えてゴール右へと突き刺さった。

 ベテランの技が光った名手の一撃に、ファンもすぐに反応。磐田の公式ツイッターが遠藤のFKゴール動画を投稿すると、引用ツイートで「さすが!」「めちゃ綺麗なフリーキック」「素晴らしいの一言につきる」「キーパー逆突かれてる… さすがヤット様職人技!」「精度が全く衰えていないなぁ」「芸術的!」「FKってこんな簡単に入るもんなの?って誤解を招くゴール」といった感嘆の声が相次いで寄せられている。

 ”伝家の宝刀”とも言える右足の正確なキックで勝利に貢献した遠藤。長年、日本サッカーを牽引してきたベテランMFの活躍に、ファンも大いに沸いていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング