王者バイエルン相手に“股抜き弾”&「奮闘」 堂安律、4項目データでチーム最多を記録

バイエルン戦に出場し奮闘したビーレフェルトMF堂安律【写真:Getty Images】
バイエルン戦に出場し奮闘したビーレフェルトMF堂安律【写真:Getty Images】

1-4敗戦も移籍後初ゴールをマーク、ビーレフェルト攻撃陣で輝き放つ

 ビーレフェルトの日本代表MF堂安律は現地時間17日、ブンデスリーガ第4節のバイエルン・ミュンヘン戦に先発出場。1-4と敗れたなか、後半13分に移籍後初ゴールを叩き込み、ドイツの“絶対王者”相手に一矢を報いた。データ分析会社「オプタ」は公式ツイッターで「奮闘」と綴り、この試合で堂安が4項目でチーム最多の数値を叩き出したことを伝えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 日本代表のオランダ遠征2試合を終えてクラブに戻った堂安は、バイエルン戦にスタメン出場したが、昇格組のビーレフェルトは前半から王者に力の差を見せつけられた。前半8分に元ドイツ代表FWトーマス・ミュラーに先制を許すと、ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキにも同25分、45+1分と2ゴールを奪われ、前半だけで0-3とされた。さらに、後半開始早々にもミュラーに決められてリードを4点に広げられたなか、同13分に堂安が意地を見せる。

 ビーレフェルトはカウンターを仕掛け、FWファビアン・クロスがペナルティーエリア手前でマーカー2人を引きつけて右サイドを駆け上がってきた堂安へパス。フランス代表DFベンジャマン・パバールがチェックに来るなか、堂安は縦に仕掛けて相手が足を出してきた瞬間に、利き足とは逆の右足でシュートを放つ。パバールの股を抜いた一撃がドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの手の先を抜け、左ポストをかすめてネットを揺らした。

 今季オランダ1部PSVから期限付き移籍してきた堂安にとっては、これが加入後初ゴール。ドイツ紙「ヴェストファーレン・ブラット」は「バイエルンは強すぎたが、ドウアンは彼の最高のパフォーマンスを飾る」と見出しを打ち、日本人アタッカーのプレーを称えていた。

 そして堂安がビーレフェルト攻撃陣で存在感を放っていたことは、データ上でも示されている。「オプタ」公式ツイッターは、堂安が「今試合でのシュート、クロス、ドリブル、デュエルはいずれもチーム最多だった」と綴り、それぞれの数値を紹介。王者バイエルンを相手にシュート4本(枠内3本)、クロス5本、ドリブル7回、デュエル15回(勝率40%)を記録したことを記し、「奮闘」と称えた。

 1-4と完敗したとはいえ、新天地ビーレフェルトで存在感を高めていることを証明した堂安。昨季のブンデスリーガ、DFBポカール、UEFAチャンピオンズリーグを制した“三冠王者”から奪った移籍後初ゴールをきっかけに、さらなる活躍に期待したいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」