中井卓大、“トップの未来”としてレアル専門メディア期待 「すでに将来のジダンのプランに…」

レアル・マドリードトップチームの練習に参加したMF中井卓大【写真:松岡 健三郎】
レアル・マドリードトップチームの練習に参加したMF中井卓大【写真:松岡 健三郎】

マルセロやベンゼマらが参加したゲーム形式の練習でもプレーしたことで反響拡大

 スペインの名門レアル・マドリードの下部組織に在籍するMF中井卓大は、トップチームの練習に参加したことで一躍注目を集め、反響は欧州で拡大している。レアル専門メディアは、「若き日本人選手はすでに将来のジダンのプランに入っている」と期待を込めて伝えた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

“ピピ”の愛称で知られている中井は、2013年に9歳でレアルの下部組織に入団。加入後から順調に昇格し、今季からフベニールB(U-18相当)に所属しているが、今年8月に開催されたフベニールA(U-19相当)の選手が出場するUEFAユースリーグに“飛び級”で登録されている。

 今月の国際Aマッチウィーク中、レアルは代表選手が多く在籍するためトップチームの人員が不足。それに伴い、ジネディーヌ・ジダン監督は中井をトップチームのトレーニングに招集し、ブラジル代表DFマルセロや元フランス代表FWカリム・ベンゼマらも参加したゲーム形式の練習映像はスペインメディアを中心に取り上げられた。

 英紙「ザ・サン」は、「“ワンダーキッド”のタクヒロ・ナカイは、ジネディーヌ・ジダン監督とファーストチームに合流した後、大きな瞬間に一歩近づいた。トップチームのスポットを争う可能性があるという噂のなか、10代のスターレット(スターの卵)は、インターナショナルブレイクに白い巨人のトッププレーヤーとトレーニングを行なってきた」と大きく報じた。

 これを受け、レアル専門メディア「Defensa Central」も「イングランドがピピ・ナカイに驚いた:マドリードが待っているトップの未来」と見出しを打って取り上げている。

「カンテラにあるレアル・マドリードのタレントは壮大なものだ。誰もがトップチームにたどり着き勝利を掴むことはないが、いくつかの例を目の当たりにしている。ナチョ、カルバハル、ルーカス・バスケスがその中の一例。一番下から始め、努力と犠牲を経て、現在トップチームの中で定位置を掴むまでになっている。

(16歳の)ナカイはトップチームの練習で試すだけの年齢になっている。そしてそうなり、若き日本人選手はすでに将来のジダンのプランに入っている。とにかくナカイは、今季フベニールの年齢でカスティージャ(Bチーム)に所属することになるだろう。もし成長を続け、その偉大なタレントを試し続ければ、それほど遠くないうちにより高いリズムを掴むためトップチームでチャンスを得ることになるはずだ」

 日本代表MF久保建英(ビジャレアル)に次ぐ若きタレントとして、中井への注目度は日に日に高くなっている。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」