元英代表FWウォルコット、16年ぶりのサウサンプトン復帰 「クラブは心の中にある」

エバートンのFWセオ・ウォルコットがサウサンプトンへ移籍【写真:AP】
エバートンのFWセオ・ウォルコットがサウサンプトンへ移籍【写真:AP】

エバートンから1シーズンの期限付き移籍で古巣復帰が決定

 イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンは、移籍市場の最終日となった5日に同リーグのエバートンから元イングランド代表FWセオ・ウォルコットを獲得したことを発表した。

 契約は1シーズンの期限付き移籍とされている。ウォルコットはサウサンプトンのユースからトップ昇格して2006年夏にアーセナルへ移籍して以来、約14年ぶりにサウサンプトンへ復帰することになった。

 ウォルコットは「他のクラブからいくつかのオファーはあったが、僕の一部でありサッカー選手にしてくれたサウサンプトンのオファーを即決した。クラブは心の中にある。サウサンプトンでプレーするとき、私はおそらく泣くでしょう」とメッセージを発している。

 アーセナルからエバートンへは2018年の1月に移籍し、それ以来公式戦では85試合に出場していた。イングランド代表としては2006年のワールドカップに17歳にしてメンバー入りしたほか、08年と12年の欧州選手権に出場している。

 快速ウイングとして知られるウォルコットは、今季のスタートからリーグ戦4試合でわずか12分間しかプレー機会を得られていなかっただけに、古巣へ戻っての復活が期待される。


【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング