リバプール南野は「悪くはなかった」 歴史的惨敗も“中盤起用”に海外メディアは及第点

リバプールMF南野拓実(※写真左)【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実(※写真左)【写真:Getty Images】

後半頭からインサイドハーフに入ってプレーもチームは57年ぶりの7失点を喫する

 リバプールの日本代表MF南野拓実は、現地時間4日に行われたプレミアリーグ第4節アストン・ビラ戦(2-7)に後半開始から途中出場。57年ぶり7失点の歴史的惨敗となったなか、海外メディアは及第点をつけている。

 リバプールは開幕3連勝と幸先の良いスタートを切った一方、新戦力のスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラとエースのセネガル代表FWサディオ・マネが新型コロナウイルス感染により欠場を余儀なくされた。ブラジル代表GKアリソンも負傷で欠き、主力組が相次いで戦線離脱。そのなかで、試合は思いもよらぬ展開を迎えることになる。

 前半4分、GKアドリアンの痛恨のパスミスから先制点を献上すると、同22分にもカウンターから被弾。同33分にエジプト代表FWモハメド・サラーが1点を返したものの、同35分、39分と立て続けに得点を奪われ、前半だけで4失点を喫した。ハーフタイム明けからの巻き返しを図るべく、後半頭から南野が投入された。

 南野はギニア代表MFナビ・ケイタに代わり、そのままインサイドハーフに入ったものの、勢いに乗るアストン・ビラを止めることができず、後半10分に5失点目を許してしまい、同15分にサラーが再びネットを揺らすも、同21分、30分に連続失点。最終的には2-7という衝撃的なスコアでリーグ戦今季初黒星を喫した。

 米スポーツ専門局「ESPN」は試合に出場したリバプールの選手14人を10点満点で採点。57年ぶりに7失点を喫した守備陣は、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクらの「3点」を筆頭に軒並み低評価、スタメンでは2ゴールと意地を見せたエジプト代表FWモハメド・サラーが「7点」と最高評価となったなか、南野には及第点の「6点」がつけられている。

「ハーフタイムにケイタを交代し、リバプールが崩壊状態になる前は(イングランド代表MFジャック・)グリーリッシュのパスを封じるために右寄りに位置取る役割を担った。悲惨な状況のなかで悪くはなかった」

 もっとも、今季リーグ戦出場3試合目で最長となる45分間プレーしながら、悪い流れを断ち切れずに目に見えた結果を残せなかっただけに、代表ウィーク明けのエバートン戦(17日)ではしっかりとアピールしたいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング