衝撃の惨敗劇も… 中盤起用の南野に英紙は及第点「エネルギーを投入」 最低評価は2人の“戦犯“

アストン・ビラ戦に後半から途中出場したMF南野拓実【写真:Getty Images】
アストン・ビラ戦に後半から途中出場したMF南野拓実【写真:Getty Images】

リバプールはアストン・ビラに大量7失点の敗戦 南野は後半頭から途中出場

 リバプールは現地時間4日、プレミアリーグ第4節でアストン・ビラと対戦し、敵地で2-7と大敗を喫した。日本代表MF南野拓実は後半頭から途中出場したが、チームを救うことはできず、57年ぶり7失点の歴史的惨敗となった。英メディアはアストン・ビラ戦に出場した選手に採点を付けている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 リバプールは開幕3連勝と幸先の良いスタートを切った一方、新戦力のスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラとエースのセネガル代表FWサディオ・マネが新型コロナウイルス感染により欠場を余儀なくされた。ブラジル代表GKアリソンも負傷で欠き、主力組が相次いで戦線離脱。そのなかで、試合は思いもよらぬ展開を迎えることになる。

 前半4分、GKアドリアンの痛恨のパスミスから先制点を献上すると、同22分にもカウンターから被弾。同33分にエジプト代表FWモハメド・サラーが1点を返したものの、同35分、39分と立て続けに得点を奪われ、前半だけで4失点を喫した。ハーフタイム明けからの巻き返しを図るべく、後半頭から日本代表MF南野拓実が投入された。

 南野はギニア代表MFナビ・ケイタに代わり、そのままインサイドハーフに入ったものの、勢いに乗るアストン・ビラを止めることができず、後半10分に5失点目を許してしまい、同15分にサラーが再びネットを揺らすも、同21分、30分に連続失点。最終的には5点差という衝撃的なスコアでリーグ戦今季初黒星を喫した。

 57年ぶりとなる大量7失点の惨敗劇となったが、英地元紙「リバプール・エコー」はアストン・ビラ戦に出場した選手を10点満点中で採点。45分間出場した南野には6点が与えられ、「中盤に配置された。少なからず、エネルギーは注入した」と一言添えている。大量失点の戦犯となったGKアドリアンとイングランド代表DFジョー・ゴメスは3点の最低評価となっていた。昨季圧倒的な強さでリーグ優勝を達成したリバプールだが、開幕4試合目にしてまさかの落とし穴が待っていた。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も