公開レッスン!? 久保建英、ビジャレアル“アピール”の巧みな手話披露で同僚FWも反応

ビジャレアルMF久保建英とサムエル・チュクウェゼが手話を披露【写真:Getty Images】
ビジャレアルMF久保建英とサムエル・チュクウェゼが手話を披露【写真:Getty Images】

9月23日の「手話言語の国際デー」当日に久保とチュクウェゼが手話動画に登場

 ビジャレアルは現地時間9月23日、公式インスタグラムとTikTokに一本の動画を投稿。同日が「手話言語が音声言語と対等であることを認めるとともに、ろう者の人権の十分な保障を目指して、国連の加盟国が社会全体で手話言語についての意識を高めるための手段を講じることを促進する」手話言語の国際デーであることに合わせ、日本代表MF久保建英、ナイジェリア代表MFサムエル・チュクウェゼが手話を披露している。

 ウナイ・エメリ新監督を迎えたビジャレアルは、新シーズン開幕2試合を終えて1勝1分。新戦力の久保はウエスカ戦(1-1)で後半32分、エイバル戦(2-1)で後半40分からピッチに立ち、後者の試合では短い時間ながら右サイドをドリブルで切り崩してチャンスを創出した。

 27日にバルセロナとの対戦を控えるなか、ビジャレアルは公式SNSに「今日はレッスンです」と綴り、一本の動画を投稿した。

 映像では、久保が手話で「町全体の希望。さあ行こうビジャレアル!」と披露。チュクウェゼも手話言語の国際デーを祝う手話を実践しており、同僚のスペイン代表FWジェラール・モレノも「いいね!」で反応している。

 開幕3試合目は古巣バルセロナ戦。かつての本拠地カンプ・ノウでどのような起用になるのか。エメリ監督の采配と久保のパフォーマンスにも注目が集まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング