2位C大阪、MF清武が考える手痛い“2連敗の要因”とは? 「こういう相手に勝てないと…」

セレッソ大阪MF清武弘嗣【写真:高橋学】
セレッソ大阪MF清武弘嗣【写真:高橋学】

C大阪はFC東京との上位対決に0-2で敗れて2連敗を喫する

 J1リーグ2位セレッソ大阪は23日、第18節で3位FC東京と対戦し、0-2で敗れた。勝ち点4差の上位対決で、前節の鹿島アントラーズ戦(1-2)に続く2連敗。首位・川崎フロンターレとの勝ち点差は「11」まで開いた。MF清武弘嗣は“足りないピース”として、相手の強力助っ人を止める力だと分析した。

 土砂降りの敵地で苦戦を強いられた。前半から相手の強固な守備をなかなかこじ開けることができず、0-0で折り返した。後半14分には、ゴール前でDF丸橋祐介がシュートを放ち、こぼれ球に反応したFW奥埜博亮も弾丸シュートを打ったが、これはゴールポストに直撃。再びこぼれたボールを丸橋が左足シュートで枠内に飛ばすも、GK正面だった。

 試合が動いたのは後半18分。右サイドでスローインからリスタートしたFC東京にカウンターを仕掛けられ、MF安部柊斗のラストパスを左のFWディエゴ・オリヴェイラがファーサイドへ決めて先制点を奪われた。さらにその3分後、DF小川諒也からDF森重真人とつながれ、森重が中央に入れたボールをMF内田宅哉に落とされ、最後は詰めていたFWアダイウトンに押し込まれた。

 反撃したいC大阪は同28分に3枚替えを敢行。ロティーナ監督は、柿谷曜一朗、高木俊幸、鈴木孝司のFW3人をピッチへ送り込んだ。すると2点を追う同44分、中央約25メートルの位置でFKを獲得。キッカーの柿谷が直接狙ったシュートは相手にはじかれた。その時、ペナルティーエリア内の相手の手に当たったようにも見え、柿谷も猛抗議したが、判定は覆らず。そのまま最後までゴールを割ることができずに手痛い2連敗を喫した。

 鹿島戦に続く2連敗。鹿島戦ではMFファン・アラーノ、FWエヴェラウドに決められ1-2で敗戦。この日のFC東京戦ではD・オリヴェイラとアダイウトンにゴールを奪われた。清武は、この相手の強力助っ人に試合を決められてしまった点が今のC大阪にとって“足りていないピース”だと分析した。

「鹿島と東京というのは守備も固くて、前の選手は個が強い。こういう相手に勝てないというのは自分たちに原因がある。2試合通して守備の強度、局面での1対1(で打ち勝つ力)、守備でもあと1歩寄せる、身体をぶつける、個々での局面で上回られているというシーンが連敗につながったんじゃないかなと思う。今日も球際やスプリント、ボールへの執着心で後手を踏んだ。個人が戦うとかそういうところに立ち返る必要があると思う」

 FC東京戦では互いに強度の高いプレーを見せていたが、後半15分を過ぎた頃から相手に流れが傾いた。清武が話す“守備のあと1歩”で強力FWをシャットアウトすること――。その自信が今のC大阪にとって必要な“ラストピース”となり、再び上昇するきっかけとなるかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング