柏、難敵G大阪に3得点で快勝! FWオルンガ早くも15点目、”10番”江坂が2ゴール

柏レイソルがFWオルンガ、MF江坂任のゴールでガンバ大阪に快勝【写真:小林 靖 】
柏レイソルがFWオルンガ、MF江坂任のゴールでガンバ大阪に快勝【写真:小林 靖 】

柏がG大阪に3-0で勝利 FWオルンガは開始2分の先制点で今季15点目

 柏レイソルが9日のJ1第15節ガンバ大阪戦で3-0の快勝を収めた。エースのFWオルンガは、リーグ戦2試合ぶりに先発し開始2分で先制点。これで出場14試合15点目となり、昨シーズンにダブルで得点王に輝いた横浜F・マリノスのFW仲川輝人とFWマルコス・ジュニオールの15ゴールに早くも並んだ。

 開始からわずか1分54秒、オルンガのスピードがいきなり光った。最終ラインのDF古賀太陽からのロングパスに一発で抜け出し、あっという間にゴール右へ沈めた。早くも掴んだ先制点は今季15点目。前節の清水エスパルス戦(2-1)はベンチ外だったため、出場14試合目で昨季の得点王の数字に並んだ。同40分にはMF江坂任が追加点を挙げ、ホームの柏が優位に立ちハーフタイムを迎えた。

 後半に入ってからは2点を追うG大阪がペースを握り始める。同3分にFW宇佐美貴史が得意のペナルティーエリア外からミドルシュートを放つも、GKキム・スンギュの好セーブに阻まれた。同12分には3枚替えでFWパトリック、FW渡邉千真、DF高尾瑠を投入。同14分にゴール前で崩してDF藤春廣輝が枠内シュートを飛ばすも、またもキム・スンギュが阻止した。

 だが同17分、この日古巣戦で燃える柏FW呉屋大翔が右サイドから中央へドンピシャのクロスを上げると、飛び込んだ江坂がこの日2点目のゴールを再び頭で決めた。

 3点を追う厳しい展開となったG大阪は、同32分からMF遠藤保仁が4試合ぶりJ1通算638試合目の出場を果たす。チャンスを作り出すもなかなかゴールを割ることができなかった。

 前線の活躍が目立った柏は2連勝。G大阪は今季アウェー初黒星となった。


【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング