オランダ代表FW、バルサの獲得動向に言及 「関心を持たれていることは知っている」

リヨンでプレーするオランダ代表FWデパイがバルセロナへの移籍について言及【写真:AP】
リヨンでプレーするオランダ代表FWデパイがバルセロナへの移籍について言及【写真:AP】

リヨンのメンフィス・デパイの交渉がいよいよ本格化か

 今夏に大きく揺れたバルセロナは、新シーズンに向けてリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイの獲得に動いているようだ。オランダ代表の一員として、イタリア代表と対戦(0-1)したデパイは、試合後にリヨンと話し合いの場を持つと明かしている。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

 オランダ代表を率いていたロナウド・クーマン氏を新監督に迎えたバルサは、その愛弟子の獲得に動き出している。これまでインテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスへの関心が報じられてきたが、新エース候補としてデパイをリストアップした。

 バルサはデパイの獲得交渉の一部に、フランス代表DFサミュエル・ウムティティを含む準備などをしていると報じられているが、デパイ自身の耳にもバルサからの関心は届いているようだ。デパイは現地時間6日のイタリア戦後、「何が起こるかを見てみよう。明日、僕はリヨンと話し合いの場を持つ。関心を持たれていることは知っている。でも、これ以上のことは話せないんだ。なぜなら、代理人とも話をすることができていないからね」と、状況を説明した。

 リヨンはデパイの価値を3000万ユーロ(約37億5700万円)としている。だが、バルセロナはリヨンとデパイの契約が、来夏に満了を迎えることから、2000万ユーロ(約25億円)から2500万ユーロ(約31億円)で獲得することを目指しているという。

 マンチェスター・ユナイテッドでは、十分な活躍ができなかったデパイだが、2017年に加入したリヨンでは中心選手として活躍。今夏の移籍市場ではセリエAのローマも関心を示しているとされるなか、チーム再建を目指すバルサは指揮官の望むアタッカーをチームに加えられるだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング