ローマの至宝ザニオーロ、左膝前十字靭帯断裂で手術へ ライバルクラブからエール「強くあれ」

UEFAネーションズリーグのオランダ戦に出場したMFニコロ・ザニオーロ【写真:AP】
UEFAネーションズリーグのオランダ戦に出場したMFニコロ・ザニオーロ【写真:AP】

7日のオランダ戦で負傷交代、9日に手術を受ける予定

 ASローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロは、現地時間7日に行われたUEFAネーションズリーグ(NL)のオランダ戦(0-1)で左膝を負傷して途中交代を余儀なくされた。検査の結果、左膝の前十字靭帯断裂の重症で手術を受けることが明らかになった。

 21歳のザニオーロは敵地でのオランダ戦に先発出場。しかし、前半途中に膝を痛め、42分にFWモイーズ・キーンとの交代でピッチを後にしていた。

 負傷の程度が心配されていたなか、試合から一夜明けた現地時間8日にザニオーロの所属クラブであるローマは左膝の前十字靭帯断裂と検査結果を発表。9日に手術を受ける予定だと明かした。

 将来を嘱望されるローマの至宝は、今年1月には右膝の半月板損傷および前十字靭帯断裂によって長期離脱。シーズン絶望の大怪我だったが、新型コロナウイルスによる中断を挟んだため、7月5日のナポリ戦で実戦復帰を果たしていた。それからわずか2カ月あまりで再びの悲劇となった。

 ローマ公式ツイッターは、「フォルツァ(頑張れ)、ニコロ」と選手にエールを送っている。さらにインテルの公式ツイッターアカウントから「フォルツァ、ニコロ! 僕らは君と一緒にいる」、ACミラン公式ツイッターアカウントから「強くあれ、ニコロ・ザニオーロ。またすぐにピッチで会おう」とセリエAのライバルクラブからもエールが届いている。

 そして、ザニオーロも自身のインスタグラムを更新。ピッチに座り込む自身の後ろ姿の写真に「すぐに戻ってくる」と力強いメッセージを添えて投稿した。一日でも早い回復を祈るばかりだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング