川崎MF中村憲剛、10カ月ぶり復帰戦で絶妙ループ弾 渾身の「ゲッツ」パフォーマンスが炸裂

川崎フロンターレMF中村憲剛が復帰戦でゴール(写真は昨シーズンのもの)【写真:荒川祐史】
川崎フロンターレMF中村憲剛が復帰戦でゴール(写真は昨シーズンのもの)【写真:荒川祐史】

左膝の大怪我を乗り越えて今季初のベンチ入り 後半32分から出場して8分後にゴール!

 川崎フロンターレは29日、J1リーグ第13節で清水エスパルスと対戦。5-0で勝利したなか、左膝前十字靭帯損傷、左膝外側半月板損傷を乗り越えて今季初のベンチ入りを果たした元日本代表MF中村憲剛が復帰戦でいきなり得点を決め、渾身のゴールパフォーマンスが炸裂。ファンからも「絵になるわぁ」「サッカーの神様って本当にいるんだなぁ」と感嘆している。

 中村は昨年11月のJ1第30節サンフレッチェ広島戦(2-1)で負傷退場。左膝前十字靭帯損傷、左膝外側半月板損傷で全治7カ月程度と診断され、手術を受けてリハビリに務めてきた。

 清水戦で今季初のベンチ入りを果たしたなか、中村は後半32分から途中出場。早速3-0とリードして迎えた後半40分に見せ場が訪れた。相手のビルドアップミスを突き、インターセプトと同時にダイレクトで左足ループシュート。綺麗な弧を描いたシュートが鮮やかにネットを揺らした。

 千両役者ぶりを発揮した中村は、タッチライン際を駆けていき、カメラの前で新ゴールパフォーマンス「ゲッツ」を披露。中継を担当したDAZN公式ツイッターは「中村憲剛が渾身の~~~~『#ゲッツ』。ダンディ坂野さんが来場したこの試合で、新パフォーマンスを披露」と動画付きで投稿し、偶然にも“本家”の前での初披露となったことを伝えている。

 ファンからは「これがレジェンドか」「サッカーの神様って本当にいるんだなぁ」「絵になるわぁ」「憲剛さん、本当に役者だな…」といった感嘆の声が上がっており、首位を走る川崎にとっては頼もしい男が帰ってきた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング