“新入りテスト”に合格!? 久保建英の「ドラえもんのうた」熱唱にチームメートが爆笑

ビジャレアルでの活躍が期待されるMF久保建英【写真:Getty Images】
ビジャレアルでの活躍が期待されるMF久保建英【写真:Getty Images】

新加入選手の洗礼で「ドラえもんのうた」を日本語で熱唱

 ビジャレアルの日本代表MF久保建英は、オフ・ザ・ピッチでもしっかりと新たなチームメートの心を掴んだようだ。クラブ公式ツイッターが、食事会での一幕を投稿。新加入の日本人アタッカーが日本語でアニメソングを熱唱した様子が注目を集めている。

 2019年夏にレアル・マドリードと契約した久保は、その後マジョルカへレンタル移籍。リーガ・エスパニョーラ挑戦1年目でリーグ戦35試合に出場して4得点4アシストを記録した。

 今夏にビジャレアルへの期限付き移籍を決断し、すでにプレシーズンマッチにも2試合出場している久保。28日にクラブ公式ツイッターで投稿された動画では、海外では恒例となっている新加入選手の“洗礼”を受けている。

「不思議なポッケで叶えてくれる~空を自由に飛びたいな ハイ! タケコプター」

 選手・スタッフの手拍子のなか、久保はアニメ「ドラえもん」のオープニングテーマを熱唱し、同僚も爆笑。ビジャレアル公式ツイッターは、「テストをクリア、、、久保はもう100%グロゲット! 新しい仲間を前に新入団選手の“ノバターダ(歓迎の祝福行事)”で日本人クラックが母国語でドラえもんを歌った。グランデ(偉大だ)!」とメッセージを添えている。

 ビジャレアルは現地時間28日に同じスペイン1部のバレンシアとプレシーズンマッチを実施予定。久保のプレーにも一層注目が集まる。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング