内田篤人に魅了されっぱなしだった 何度もハッとさせられたシャルケ時代の“理知的な言葉”

シャルケ時代の内田篤人の印象的な言葉に注目【写真:Getty Images】
シャルケ時代の内田篤人の印象的な言葉に注目【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】シャルケ時代の取材記録から振り返る、内田篤人の“人間力”

 現役を引退した内田篤人はピッチ上でのプレーの素晴らしさだけではなく、理知的で本質を捉えた発言が魅力的だった。僕も何度もハッとさせられたものだ。

 過去のドイツでの取材記録を丁寧に読み返してみたのだが、その中で印象的な言葉を見つけた。

 あれは2011年4月、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でインテルと対戦し、ベスト4進出を決めた後のミックスゾーンだ。日本人初となるCL4強を喜びながら、「アジアのレベルが上がってきていると思うか」という話をしている時に、内田がこんなことを話し出した。

「慣れでしょ、たぶん、見る側の。変な話、皆さんの記事が『(日本人は)もっとやれるんだ!』っていう記事にしてくれないと。日本は少し……縮こまったまんまなのでね。お願いだから、日本はやれるというね。記者の影響力はすごく強いから。そういうのに乗せられて選手もどんどん出て、『ああ、やれるんじゃん』って思ってくれば日本(のレベル)も上がるのに。『海外はレベル高いから、行っても無理だろう』って書いたら、選手もそれは行けなくなっちゃうから」

 今と当時の置かれた状況はもちろん異なるが、大事な指摘ではないだろうか。日本サッカーや日本人選手の何もかもを絶賛したり、欧州でプレーすることだけを称賛するのは違う。これまで育ててくれたクラブへの恩義はしっかりとしなければならないし、「欧州に行けば誰でも急成長できる」という方程式があるわけでもない。そこでプレーするための準備が整っていないと、行っても「いい経験をした」と言って帰ってくるだけになってしまう。建設的な批判はなくてはならない。

 でも必要以上に怯えたり、不安がったりするのもまた違う。日本人ができないんじゃない。まだそこでの経験がないだけなんだと、内田は伝えてくれた。だから、そこでも活躍ができる日本人として、勇敢に次へのステップを踏んでいくことが大切なのではないだろうか。欧州最高峰の舞台で日本人初となるベスト4へ進出した選手は、その背中で、その言葉で、その生き方で後進に道を示し続けてくれた。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング