「ポストちょっとまがってる絶対」 浦和DFの迫力満点の衝撃ゴラッソに現役Jリーガー感嘆

鄭大世(左)はデンのスーパーゴールに感嘆【写真:小林 靖&Getty Images】
鄭大世(左)はデンのスーパーゴールに感嘆【写真:小林 靖&Getty Images】

浦和DFデンの衝撃弾丸シュートに清水FW鄭大世が反応

 浦和レッズのオーストラリア五輪代表DFトーマス・デンは、23日のJ1第12節ヴィッセル神戸戦(1-2)でスーパーゴールを叩き込み、Jリーグ初得点をマークした。現役Jリーガーからも「エッグ」と驚きの声が上がっている。

 神戸に1点リードされるなかで迎えた前半33分、右サイドの深い位置で浦和がフリーキックを獲得。FW武藤雄樹が中央に送ったボールはクリアされたが、ペナルティーエリア外にいたデンが驚くべき一撃を放つ。

 クリアボールに反応したデンは、バウンドに合わせて右足を強振。ゴールまで約25メートの位置から弾丸のような低弾道シュートを打ち込むと、相手と味方が密集するゴール前をすり抜け、右のポストを直撃しながらゴールに吸い込まれた。

 神戸のGK前川黛也が全く反応できなかったゴールは、今季から浦和に加入したデンにとって嬉しいJリーグ初得点。渾身の一撃に、豪快な伸身宙返りのゴールパフォーマンスを決めてみせた。

 これに反応したのが、清水エスパルスのFW鄭大世だ。自身のツイッターに「いや、ポストちょっとまがってる絶対。そしてなにこの伸身宙返り。エッグ」と綴り、デンのシュートの威力とゴールパフォーマンスで垣間見えた身体能力の高さに感嘆していた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング