「なんて一撃だ!」 浦和DFのワールドクラス弾に海外衝撃「これはあり得ない」

浦和DFトーマス・デン【写真:小林 靖】
浦和DFトーマス・デン【写真:小林 靖】

浦和DFデンが神戸戦で圧巻のミドル弾、海外メディアが最大級の賛辞

 浦和レッズのオーストラリア五輪代表DFトーマス・デンが、23日のJ1第12節ヴィッセル神戸戦(1-2)でスーパーゴールを叩き込み、海外メディアが「なんて一撃だ! これはあり得ない」と最大級の賛辞を送っている。

 神戸に1点リードされるなかで迎えた前半33分、右サイドの深い位置で浦和がフリーキックを獲得。FW武藤雄樹が中央にボールを送り、これはクリアされた。しかし、ペナルティーエリア外にいたデンが驚くべき一撃を放つ。

 クリアボールに反応したデンは、バウンドに合わせて右足を強振。ゴールまで約25メートの位置から弾丸のような低弾道シュートを打ち込むと、相手と味方が密集するゴール前をすり抜け、右のポストを直撃しながらゴールに吸い込まれた。

 神戸のGK前川黛也が全く反応できなかったゴールは称賛の的となっている。オーストラリアのスポーツ専門局「Optus Sport」公式ツイッターは「デン! なんて一撃だ! これはあり得ない」と記し、「イニエスタのヴィッセル神戸を相手に、完全にワールドクラスのゴールを決めた」と称えている。

 試合は浦和の敗戦となったが、デンのスーパーゴールに海外メディアも衝撃を受けたようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング