鎌田大地は「さらに成長できる」 フランクフルト指揮官、残留の“メリット”強調

フランクフルトMF鎌田大地【写真:AP】
フランクフルトMF鎌田大地【写真:AP】

昨季ブレークした鎌田に対して、ヒュッター監督は全力で引き止める姿勢

 フランクフルトの日本代表MF鎌田大地は2019-20シーズンで公式戦47試合に出場して10ゴール9アシストを記録し、評価を一気に高めた。新シーズンに向けて去就が注目されるなか、アディ・ヒュッター監督は鎌田の慰留に「手を尽くしている」と現状を明かしている。ドイツ紙「キッカー」が報じた。

 19-20シーズン開幕前にレンタル移籍先のシント=トロイデンからフランクフルトに復帰した鎌田は、主力としてチームをけん引。UEFAヨーロッパリーグ(EL)でも目覚ましい活躍を見せ、数字と内容の両方で強烈な印象を残した。

 チーム内での地位を確立した一方、現行の契約は2021年夏に満了を迎える。その1年前となる今夏は、契約が延長されなければ一般的に移籍のタイミングとされる。現時点で契約延長の発表はされておらず、去就についての報道が過熱する状況になっていた。

 こうした現状を受け、地元紙「フランクフルター・ルントシャウ」が鎌田の残留を推奨する特集を組むなど、現地での注目度は非常に高い。そんななか、「キッカー」によるとヒュッター監督は次のように残留の“メリット”を語ったという。

「鎌田は素晴らしく、魅力的な選手だ。1年前、我々が彼をチームに残した理由を証明してくれた。彼を残留させるために、手を尽くしているよ。残留すればさらに成長できるだろうし、そうするようにアドバイスしたい。さらなる成長さえ実現できれば、そこから先にステップアップすることを阻むものはないだろう」

 あくまであと1年はフランクフルトで成長を続け、実績を積み上げてから上を目指すように説得するヒュッター監督。果たして、鎌田はどのような決断を下すのだろうか。


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング