1名がコロナ陽性反応のビジャレアル、合宿開始を延期 久保のデビューは最速で23日に

【写真:Getty Images】
【写真:Getty Images】

20日のコロナ検査で問題がなければ22日に合宿を開始し、23日に親善試合を実施

 ビジャレアルはクラブ内の一人が新型コロナウイルスの陽性反応を示したことでプレシーズンの合宿を遅らせた。現地時間20日に予定されている次の検査までは、練習施設で個人メニューを行う方針だという。

「COVID-19がビジャレアルの計画を変更」

 スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は、このよう見出しを打ち、新型コロナウイルスの検査で一名に陽性反応が出たことで19日にアルゴルファ(アリカンテ)で始まる予定だったプレシーズンの合宿を延期したと伝えた。

 クラブの発表では、感染者はわずかな症状があり、自宅で医師のプロトコルを守りながら隔離されているとのこと。記事では、「合宿の開始を遅らせる決定は、同種の状況に関するラ・リーガの指示に沿った予防策。所属選手は木曜日に予定されている次のテストまでクラブの施設で個別練習を行う」と伝えている。

 また、検査結果に問題がなければチームは22日午後から合宿に入るという。2部カルタヘナとのフレンドリーマッチは一日遅れの23日20時にスライドされており、今季ビジャレアルに加入した日本代表MF久保建英の新天地デビューは、最速で23日となりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング