「大袈裟だとか極端だとか言われていい」 本田圭佑、プライド捨てた“自己投資”を主張「さもないと…」

ツイッターで持論を展開したMF本田圭佑【写真:Getty Images】
ツイッターで持論を展開したMF本田圭佑【写真:Getty Images】

ツイッターで持論を展開「自分の好きなように生きたいなら、今こそ変わるとき」

 ブラジル1部ボタフォゴに所属するMF本田圭佑が自身の公式ツイッターを更新。「自分の好きなように生きたいなら、今こそ変わるとき」と生き様に関する持論を説いた。

 本田は「大袈裟だとか極端だとか言われていいから言わせて欲しい」と切り出し、新型コロナウイルスによる様々な情勢の変化などを受けて、“変わること”“自分に投資すること”の重要性を説いた。

「様々な危機は迫ってきてる。コロナでそれが露呈され始めてる。自分の好きなように生きたいなら、今こそ変わるとき」

 今年1月にボタフォゴに加入した本田は、3月15日のリオデジャネイロ州選手権バングー・アトレティコ・クルーベ戦(1-1)でデビューを飾り、ゴールを決めていた。その一方、カンボジア代表の実質上の監督として指揮を執り、サッカークラブ「One Tokyo」を立ち上げ、スポーツマッチングサービス「Now Do」を手掛けるなど、活躍の場は多岐にわたっている。

 本田は自身の経験も元に、「ただの消費に時間を費やすな。自分に投資すること。余計なプライドは捨てて行動すること。さもないと自由な未来なんてこない」と強調していた。

 コメント欄では、「いつも力を与える言葉を投げかけてくれてありがとう」「本田さん、政治家になってくれ!」「変わるには絶好のチャンスですよね」など賛同のコメントが多く寄せられている。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング