「久保対イ・ガンイン」の“日韓対決”実現? ビジャレアル、バレンシアと親善試合開催か

ビジャレアルMF久保建英とバレンシアMFイ・ガンイン【写真:Getty Images】
ビジャレアルMF久保建英とバレンシアMFイ・ガンイン【写真:Getty Images】

バレンシア州を本拠地とする両チームが親善試合を準備か

 日本代表MF久保建英は来季、ビジャレアルへ期限付き移籍することが決定し、すでに新シーズンに向けたチーム練習に参加している。そうしたなか、スペインメディアはビジャレアルがバレンシアとの親善試合を開催する運びだと報道。バレンシアに所属する韓国代表MFイ・ガンインとの“日韓対決”がさっそく実現する可能性が浮上している。

 久保は2019年夏にFC東京からスペインの名門レアル・マドリードへ移籍。その後、マジョルカへ1年間の期限付き移籍が決まり、昨季は35試合で4ゴール4アシストの結果を残したものの、保有元であるレアルの外国人枠が埋まっているため、来季もレンタルでの“武者修行”となった。

 すでに新天地でのトレーニングに励んでいるなか、スペインメディア「superdeporte」は「バレンシアとビジャレアルが親善試合を準備」と報道。記事では、両チームが8月28日にムルシアでの親善試合を準備しているとされ、現時点では交渉中だが、実現される見込みだと報じている。

 久保が所属するビジャレアルはバレンシア州を本拠地としているため、この一戦は「バレンシア・ダービー」となる。また、相手チームにはバレンシアの下部組織育ちで、韓国サッカー界の有望株として期待されているイ・ガンインが所属。仮に親善試合開催の運びとなれば、シーズン前にさっそく両国の至宝が激突する“日韓対決”実現の可能性があり、地元のみならず注目される一戦になりそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング