INAC“新エース”の田中美南、圧巻の50m独走ドリブル弾に称賛 「流石得点王」

INAC神戸レオネッサFW田中美南【写真提供:INAC神戸レオネッサ】
INAC神戸レオネッサFW田中美南【写真提供:INAC神戸レオネッサ】

2試合連続で2トップの一角に入り、開幕戦に続いて決勝ゴールをマーク

 なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部INAC神戸レオネッサは26日、第2節・愛媛FCレディース戦で1-0と勝利し、開幕2連勝を飾った。今季加入した4年連続得点王のFW田中美南が2試合連続で決勝ゴールをマークし、50mドリブル弾に賛辞が集まっている。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 INAC神戸のゲルト・エンゲルス新監督は2試合連続で同じスタメンを送り込み、田中とFW岩渕真奈が2トップを形成。敵地に乗り込んだなかで、序盤から相手ゴールに襲い掛かったが、前節・伊賀FCくノ一三重戦(1-0)同様になかなか得点を奪えずにいた。

 スコアレスで迎えた後半28分、田中が4年連続得点王の実力を発揮する。自陣のセンターライン付近でDF髙瀬愛実からのスローインを受け、そのままドリブルを開始。1人でペナルティーエリア手前まで持ち込むと、シザースフェイントで相手MF仲松叶実とDF呉屋絵理子の間を縫ってボックス内に侵入し、狙いすましたグラウンダーのシュートで決勝ゴールをマークした。

 2011年に日テレ・東京ヴェルディベレーザのトップチームに登録されてキャリアをスタートさせた田中は、これが節目の通算100ゴール目。約50メートルを駆け抜けた圧巻の個人技弾に、中継を担当した「INAC神戸 HOME MATCH 2020 -GO FOR IT!-」公式ツイッターは「こじ開けて決める姿は流石得点王」と速報。INACの試合結果ツイートに対しても、「1人で持ち込み決めきる強さ素晴らしい」「田中美南ゴラッソだったな!」「タナミナすげーわ」とファンから感嘆の声が上がった。

 女王ベレーザから確固たる覚悟を持ってINAC神戸へ移籍した田中。新天地でも実力を遺憾なく発揮している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング