人気女子サッカー漫画『さよなら私のクラマー』 作品名に込められた「敬意と愛」

蕨青南高校の曽志崎緑(左)と周防すみれ(右)(第1話より)【画像:©新川直司/講談社】
蕨青南高校の曽志崎緑(左)と周防すみれ(右)(第1話より)【画像:©新川直司/講談社】

「主人公は誰?」…蕨青南高校に揃う魅力的なキャラクターたち

――『さよなら私のクラマー』ではメインチームとなる蕨青南高校の恩田希(おんだ・のぞみ)や周防すみれ(すおう・すみれ)、曽志崎緑(そしざき・みどり)など全員が主人公とも呼べるほどに魅力的なキャラクターが揃っているのが特徴です。

「『主人公は誰なの?』は本当によく聞かれます。僕としてはいろいろな人に感情移入してもらいたくて、“みんなが主人公”でいいかなと思っていたんです。でも、その質問が本当に多くて、みんなそういうことが気になるんだな、なるほどなと勉強になりました」

――新川先生の中では「この子が主人公」と決まっているキャラクターはいるのでしょうか?

「恩田希という子は『さよならフットボール』から引き続き登場する女の子ですし、この子を軸にしようという考えはありました。でも、恩田の物語は前作で一通り描いてしまったんですよね。キャラクターが抱える葛藤なんかはもう全部やってしまった感があって、どこか曖昧なキャラになってしまったかなという思いはあるんです。なので、今作では蕨青南高校という“チームが主人公”だと思っています」

――『さよなら私のクラマー』はプレーの一つひとつの描写からキャラクターの所作まで、本当に美しく描かれている作品だなと感じています。『四月は君の嘘』ではクラシック音楽の世界を描かれていましたが、漫画家として初めからサッカー漫画を描きたいという思いはあったのですか?

「前は誰かが死んでしまう漫画しか描いてなかったんですよ(笑)。それで人が死なない漫画を描こうとなってサッカーを描いたんですけど、やっぱり好きなものをやるのが一番だなと思いました。“蹴るところを美しく描きたい”という願望もあります。サッカーは泥臭くてナンボだとも思っていますが、やっぱりファンタジスタは好きなので、華やかなプレーを描きたいですね」

――作中にはファルソ・ヌエベ(偽9番)、ポジショナルプレーなどサッカーの専門用語もたくさん出てきます。サッカーでは年々新しい言葉が生まれていますが、それらが作品にも取り入れられています。

「描く段階になって戦術関連の本は結構読みました。勉強しながらやっていますが、基本はこれまで見てきたものの蓄積です。それに最近は言語化が流行っているおかげで、新しい戦術やサッカー用語も言葉として理解しやすくなっています。

 たとえば、あまりサッカーに詳しくない人がこの漫画を読んでいて用語が難しいと感じたら、それを周りにいるサッカー好きに聞いてほしいですね。そういった流れが生まれて、サッカーを好きな人が増えるきっかけになればいいなと思っています」

――試合はもちろんですが、その中でキャラクターの心理描写まで細かく描かれているのも特徴の一つですよね。

「サッカーそのものが面白いものだから、最初はサッカーを描けばそれでOKだと思っていました。でも途中で『それだったら実際にサッカーの試合を見ればいいんじゃないか?』と思うようになってきてしまいました(笑)。

 だったら読者は“人”を見たいはずなので、フィールド内で成長していく人の物語を描いたほうがいい。それで途中から路線変更しました。サッカーの戦術的な話を入れつつ、試合描写だけにこだわらない、人や選手にフォーカスした内容にシフトチェンジしていきました」

――そういった予定外の変更もあったのですね。

「そうなんです。それでいうと千葉県の栄泉船橋高校というチームは、元々バルセロナのようなチームになるはずだったんですが、描いていくうちに僕の中でキャプテンの浦川茜(うらかわ・あかね)にフォーカスするようになっていきました。

 彼女をどういう選手にしようかなと考えていた時に、アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督のようなカリスマ性のある選手にしたいと思いました。あれだけのカリスマを中盤の底の選手として描くとなったら、チームの戦術もアトレティコのようにボールを持たないスタイルにして、攻守の切り替えのように“思考の変換”を描くのがいいのかなと思ったんです。その結果としてユニフォームはブラウグラナ(青とえんじ/バルセロナの愛称)なのに、スタイルはアトレティコとなりました」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」