Jリーグ、入場制限措置を8月10日まで延長 村井チェアマン「まだまだ予断を許さない状況」

FC東京と浦和レッズの一戦を観戦したサポーターたち(味の素スタジアム)【写真:高橋学】
FC東京と浦和レッズの一戦を観戦したサポーターたち(味の素スタジアム)【写真:高橋学】

5000人以下の入場制限は解除せず、27日に再び協議する予定

 Jリーグは20日、第11回臨時実行委員会を開き、ウェブ会見に村井満チェアマンが出席。現在の入場制限措置が8月10日まで延伸されることを発表した。

 Jリーグでは7月10日より「5000人以下、あるいは収容人数の50%以下の少ないほう」を基準に観客を動員していき、8月1日には一律で収容人数の50%以下とすることを目指していた。ただ、現在は東京で感染者が三桁を超える日が続くなど、予断を許さない状況が続く。

 そのなかで村井チェアマンは「金曜日(18日)には西村(康稔・経済再生担当)大臣から大規模イベントには慎重な対応が求められる談話もありました。まだまだ感染も拡大している状況では、このタイミングがギリギリにもなっていますので、11回目の臨時実行委員会を開催しました」と、委員会実施の意図を説明。次のように今回の決定を明かしている。

「8月10日まで現状の入場制限に関するガイドラインを延長することを決めました。具体的には5000人以下、収容人数の半分以下。ビジターに関しては引き続き制限を行っていく。ビジター席を用意しない運用を続けていきます。アルコール等の販売も10日までは自粛を延長します」

 まずは8月10日までの措置延長となったなか、11日以降のガイドラインについては7月27日に再度実行委員会を招集し、政府の見解も見つつ決めていくことになるという。また、その際には8月11日から「2週間程度の扱いについて協議していきたい」としており、短いスパンで状況を見ながら運用していくことになるようだ。

 村井チェアマンは「まだまだ予断を許さない状況ですので、しっかり対応を見極めながら進んでいきたいという総意」と語っており、慎重に事を進めていく姿勢を強調した。ファン・サポーターにとって安全・安心な運営に配慮しながら、少しずつ元通りの観戦環境を目指していくことになる。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング