「彼の才能は…」 名手セスクが“一番”を告白 最高の同僚、最強の相手は?

モナコの元スペイン代表MFセスク・ファブレガス【写真:Getty Images】
モナコの元スペイン代表MFセスク・ファブレガス【写真:Getty Images】

様々な“一番”について語ったセスク 「彼は誰よりも、ものすごく負けず嫌い」

 モナコの元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが英公共放送「BBC」が制作したポッドキャスト番組「マッチ・オブ・ザ・デイ:トップ10」に出演し、これまでで最高のチームメイトや最強のライバルなど、様々な“一番”を明かしている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 バルセロナの下部組織出身のセスクは、2003年にアーセナルに移籍。10代の頃から頭角を現すと、2008年からは21歳にしてキャプテンを務めた。11年には古巣バルセロナに復帰して3年間プレーし、14年にはチェルシーに移籍してプレミアリーグに帰還。19年1月からはモナコに活躍の場を移している。

 まず、これまでに一緒にプレーしたなかで最高の選手にセスクが挙げたのは、バルセロナ時代の同僚であるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。「彼とは13歳の時から一緒にプレーしてきた。間違いなく彼の才能は、私が人生で見てきたどんなものとも比較し難い。才能だけではなく、彼は誰よりも、ものすごく負けず嫌い」と語った。

 続いて、最強の対戦相手に選んだのは、現レンジャーズ監督の元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード氏だ。セスクとジェラード氏はプレミアリーグで何年にもわたりバトルを繰り広げてきた。そんなライバルについて、「彼はフィジカル的に最も扱うのが難しい相手だった。彼はボックス・トゥ・ボックスの選手だったが、右でも左でもエリアの外からシュートを打つことができた。マシンみたいな選手だったよ」と振り返っている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド