シャビ監督が「最大の望み」を明言 古巣バルサ“帰還”も時間の問題か「準備している」

現在はアル・サッドで指揮を執るシャビ・エルナンデス監督【写真:Getty Images】
現在はアル・サッドで指揮を執るシャビ・エルナンデス監督【写真:Getty Images】

今年1月にもクラブと会談も、その際は「タイミングが適切ではない」と事態

 バルセロナのレジェンドで、現在カタール1部アル・サッドで指揮を執る元スペイン代表MFのシャビ監督は、将来的に古巣凱旋の“適切なタイミング”を見計らっているようだ。スペイン紙「スポルト」が伝えている。

 バルセロナは現地時間27日に行われたリーガ・エスパニョーラ第32節セルタ戦で2-2のドロー。首位レアル・マドリードが28日のエスパニョール戦で1-0と白星を挙げたため、勝ち点差は2ポイントに広がってしまった。シーズン終盤で3連覇が厳しい状況になり、キケ・セティエン監督の立場も危うくなっている。

 そんななか、カタール1部アル・サッドで指揮を執るシャビ監督はオンライン記者会見で、「今の私の最大の望みはバルサの監督になり、再び勝利への道に導くこと。選手たちとバルサが成功することだ。そのために、私たちのテクニカルスタッフは多くのことを準備しているし、非常にワクワクしている」と言及。また、将来的なバルサ“復帰”についてもコメントしている。

「私はクラブの一員だ。プロジェクトをゼロからスタートさせる正しい時期に戻りたいと思っている。もちろん、選ばれた後にステージが整う。どんな可能性もあり得る。彼らとは今年1月に話をしたが、その時は状況もタイミングも適切でないと伝えたんだ」

 新型コロナウイルスにより中断していたリーグ再開後、ジネディーヌ・ジダン監督率いるライバルのレアルが充実した時間を過ごしているのに対し、バルセロナはトップの座を明け渡した上に勝ち点差も広げられてしまった。シャビ監督の言う“正しい時期”も時間の問題かもしれない。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング