「まるで歌うような…」 ユナイテッドMFポグバ、相手翻弄の“美技”に再脚光「ビースト」

2017年頃のユナイテッドFWポール・ポグバ【写真:Getty Images】
2017年頃のユナイテッドFWポール・ポグバ【写真:Getty Images】

2017年のEL準決勝セルタ戦で見せた華麗スキルを大会公式SNSが公開

 マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバは今季、怪我の影響もあってプレミアリーグでわずか8試合の出場にとどまっている。しかし、リーグ再開のトッテナム戦(1-1)では途中出場で存在感を発揮し、改めて高い評価を受けた。そんなポグバが2年前に見せた美技をUEFAヨーロッパリーグ(EL)公式SNSが公開し、反響を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ポグバはユナイテッドの下部組織で育ち、2011年にトップチーム昇格。翌12年にユベントスに移籍すると、4年間にわたってレギュラーとして活躍し世界トップクラスの選手として評価を高めると、16年夏に当時史上最高額となる1億500万ユーロ(約127億円)の移籍金でユナイテッドに復帰した。

 昨夏には移籍希望を公にし、今季は負傷に苦しむなど、安定しているとは言いがたい時期を過ごしているポグバだが、そのスキルは健在。トッテナム戦では華麗なドリブル突破からPKを獲得し、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスの同点弾につなげている。

 今回、EL公式インスタグラムがスポットライトを当てているのは、16-17シーズンのUEFAヨーロッパリーグ(EL)準決勝セルタ戦の第2戦(1-1)でのワンシーンだ。センターサークル内での浮き球を右膝でトラップすると、寄せてきたスペイン代表FWイアゴ・アスパスをリフティングで翻弄。軽やかに反転すると、ヘディングでボールを前に押し出してから右足でボールを浮かせ、さらにアプローチしてきた相手の頭上を抜いて突破を成功させている。

 相手を嘲笑うかのような華麗さに、コメント欄では「世界一の選手」「まるで歌うようなプレー」「ビースト」「まだまだ過小評価されている」「ポグバ・ダンス」とファンから称賛の声が寄せられていた。

 このシーズンのユナイテッドは準決勝でセルタを2戦合計2-1で破ると、決勝のアヤックス戦も2-0で勝利。見事にタイトルを獲得している。ユナイテッドは今季のELでも勝ち残っており、8月再開予定の同大会ではポグバの活躍も期待されることになりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」