C・ロナウド、キャリア初のタイトル戦連敗 伊メディア酷評「存在感が希薄だった」

ユベントスでキャリア初のタイトル戦連敗となったC・ロナウド【写真:AP】
ユベントスでキャリア初のタイトル戦連敗となったC・ロナウド【写真:AP】

コッパ・イタリア決勝でナポリにPK戦の末に敗れ、準優勝に終わる

 イタリアの国内カップ戦、コッパ・イタリアが現地時間17日に決勝戦を迎え、ナポリがユベントス相手にPK戦を制して6回目の優勝を飾った。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにとってタイトルマッチ2連敗は初の経験だとして、ユベントスはセンターフォワード(CF)が必要だと提言している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 イタリアサッカーは新型コロナウイルスの感染拡大による中断を経て、13日のコッパ・イタリア準決勝第2戦で再開。ユベントスは退場者を出して10人となったACミラン相手に、ロナウドのPK失敗もあって攻めあぐねた末に0-0の引き分け。第1戦のアウェーゴールで辛くも勝ち上がっていた。

 そして、決勝戦も決定機はナポリに2回あり、いずれもユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが好セーブ。一方でロナウドは「存在感が希薄だった」と評価され、ユベントスの攻撃も迫力を欠いた。

 この結果、ユベントスは1月のスーペルコッパでラツィオに敗れたのに続いてタイトルマッチで連敗。「ロナウドにとって決勝戦の2連敗はキャリアで初めてのことだ」と報じている。

 そのうえで、記事では「3トップで戦うならば中央にゴンサロ・イグアインが必要。それはロナウドにとっても助けになる。彼のターゲットは8月にリスボンで行われるチャンピオンズリーグの優勝だろうが、今のユベントスにロナウドを助けられるのはイグアインだけだ」と、前線の構成を変化させることを提言した。

 リーグ9連覇を狙うユベントスだが、ラツィオと激しく首位を争うなかで再開後に2試合連続ノーゴールで終わっているのは事実。不発のロナウドと機能しない攻撃陣は、すべてのタイトルを失う危機を打ち破れるのか注目される。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ