ブレシアMF“ピルロ2世”、会長が48億円から“値上げ” 獲得狙う強豪クラブに60億円を要求

ブレシアでプレーするMFサンドロ・トナーリ【写真:Getty Images】
ブレシアでプレーするMFサンドロ・トナーリ【写真:Getty Images】

ユベントスやインテルが獲得を狙う注目の20歳トナーリ

 イタリアの次代を担うプレーメーカーとして来季の移籍先が注目されている20歳のMFサンドロ・トナーリに対し、所属するブレシアの会長は5000万ユーロ(約60億円)を求める姿勢だという。イタリア紙「トゥット・スポルト」が報じている。

 ブレシアでプレーするトナーリは、20歳の若さにしてイタリアのA代表ですでにデビュー。中盤で見せる創造性あふれるプレーは、かつて期限付き移籍先のブレシアでブレークした過去も踏まえ“マエストロ”の異名を取った元同国代表アンドレア・ピルロ氏を彷彿させると評判が高い。

 トナーリに関しては国内の強豪クラブであるユベントスやインテルに加え、スペインの強豪バルセロナも獲得に動いていると報じられてきた。そのなかで、トナーリはまず国内でのステップアップを望み、自身が幼少期からファンであるインテルへの移籍を希望するという報道もあり、交渉は具体的なものとなり合意も間近だとされてきた。

 当初はインテルが4000万ユーロ(約48億円)を提示したとされる移籍金だが、ブレシアのマッシモ・チェリーノ会長はさらに1000万ユーロを上乗せした5000万ユーロを求めているという。

 その背景には、ユベントスもトナーリの獲得に向けた動きをやめていないことがあるとされ、チェリーノ会長は両クラブの競合状態を利用する戦略を仕掛けている模様だ。イタリアだけでなく欧州でも注目されるトナーリの次なるキャリアだが、その交渉は終盤に差し掛かっていると言えそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング