なでしこ鮫島、“リモート女子会”で素の“歯ブラシ姿”披露 大親友アスリート集結「緩いのがいい」

INAC神戸レオネッサDF鮫島彩【写真:井上智博】
INAC神戸レオネッサDF鮫島彩【写真:井上智博】

鮫島彩が公式インスタグラムでアスリート女子会の様子を公開

 なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部INAC神戸レオネッサのなでしこジャパン(日本女子代表)DF鮫島彩が、自身の公式インスタグラムを更新した。バドミントンの元日本代表・藤井瑞希さんや卓球ドイツ3部ハノーファーでプレーする小野思保、ベガルタ仙台レディースや年代別日本女子代表で活躍した小山季絵さんと“アスリート・リモート女子会”を楽しんだようだ。「還暦過ぎてもアクティブに遊ぶのが私の夢」と、心を許す仲間とリフレッシュした様子を明かしている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 2019年のなでしこリーグ1部は、日テレ・東京ヴェルディベレーザが史上初の5連覇を達成。INACは3位に終わり、13年以来のリーグ優勝を逃す形となった。新シーズンはクラブ史上初の外国籍監督となるゲルト・エンゲルス氏を迎え、エンブレムも一新するなど4季ぶりのタイトル獲得に向けて新たなスタートを切る。

 だが、新型コロナウイルスによりリーグは開幕できず。長い自粛期間を経て、ようやく7月18日に1部、2部ともに無観客試合で開幕を迎える予定だ。

 そんななか、鮫島は“リモート”で親友のアスリートたちと女子会を楽しんだという。公式インスタグラムでは、歯ブラシをくわえて素のまま写真におさまる鮫島の様子や、親友たちとリフティングやアスレチックなどを楽しんだ時の動画を公開。鮫島が”姫”と呼ぶ藤井さんが、豪快に水へダイブする衝撃シーンも投稿している。

「3時間もリモート会したのに、姫のウスターソースとオイスターソースの違いが分からないって話しか記憶にない。そう、そのくらい緩いのがちょうどいい。このメンバーと還暦過ぎてもアクティブに遊ぶのが私の夢!!!アクティブに遊べる場所あったら教えてください #卓球しほっち #バドみずき(姫) #どうしてそんなにリフティング上手なの #サッカー季絵 #リフティングで姫に睨まれる #ちゃんとやれよって無言の圧力 #石にされるよ #気をつけて #そんな姫も #鮫島のユニ着て落ちるのやめて(笑) #思い出シリーズ」

 そう綴り、器用にリフティングをこなす元アスリートの藤井さんや、ドイツで活躍する小野らとの思い出を振り返った鮫島。これに元なでしこジャパンDF田中明日菜(慶州韓国水力原子力FC)が「みずきちゃんリフティングうまっ!しほちゃんおもろっ」と反応し、鮫島も「そうなのよ うまいのよ 思保っちはヒザ神笑」と”ツッコミ”を入れている。大切な仲間とのひとときは、鮫島にとってかけがえのないものだったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ