【#今こそひとつに】横浜FM仲川輝人、医療従事者に感謝 「すごく感動しました」

昨シーズンJリーグMVPに選出された横浜F・マリノスFW仲川輝人【写真:高橋学】
昨シーズンJリーグMVPに選出された横浜F・マリノスFW仲川輝人【写真:高橋学】

昨季JリーグMVPがメッセージ 「たくさんの人を助けていると思います」

 今年は新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、スポーツ界も停滞を余儀なくされてきた。世界各地で「STAY HOME」の動きが広がったなかでも、医療従事者や社会のインフラを支える人々は、最前線に立ち続けて我々の生活を支えてくれている。そんな人々への「感謝」は、この時期だからこそ誰もが感じるものだろう。

「Football ZONE web」では、サッカーに関わる人々からの感謝のメッセージを発信する特別連載【#今こそひとつに】をスタート。本稿では横浜F・マリノスの日本代表FW仲川輝人の声をお届けする。

 仲川は2015年、専修大から横浜FMに加入。FC町田ゼルビア、アビスパ福岡への期限付き移籍を経て18年に横浜FMに復帰した。昨季はリーグ戦33試合15得点を記録し、エースとしてチームの優勝に貢献。シーズンMVPにも選出され、12月には日本代表の一員として韓国で開催されたE-1選手権にも出場している。

 仲川が感謝を示したのは、医療従事者の方々だ。報道を通じて知る最前線の人々へのリスペクトを語り、メッセージを送っている。

「僕が感謝を伝えたいのは、医療従事者の方々です。最前線で皆さんが戦っているおかげで、たくさんの人を助けていると思います。リスクを伴いながらも戦う姿をテレビを通して見て、すごく感動しました。このウイルスと今後も向き合っていかないといけないと思うんですけど、なるべくかからないように最善の注意を払って行動します。

 Jリーグも再開の目途が立ちましたし、自分たちもそれに向けて日々トレーニングしています。皆さんの笑顔を自分たちが作れるように、横浜F・マリノスでしたらアタッキングサッカーをして、観ている皆さんに楽しんでもらうことを第一に考えてプレーしたいと思います。

 手洗いやうがいだったり、できることをなるべくしっかりやって、ウイルスにかからないようにしていきますし、皆さんも手洗いうがいを徹底して、なるべくウイルスにかからないようにしてもらいたいと思います。スタジアムで一緒に勝利の笑顔、歓喜を味わえたらいいと思っています。自分もコロナに負けないように頑張りますので、皆さんも頑張ってください」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング