アンリが一緒にプレーしたかった元J選手は? 「彼以上にパスが上手い選手を歴史上で知らない」

アーセナルで活躍したFWティエリ・アンリと元デンマーク代表MFミカエル・ラウドルップ【写真:Getty Images】
アーセナルで活躍したFWティエリ・アンリと元デンマーク代表MFミカエル・ラウドルップ【写真:Getty Images】

アンリが元神戸のミカエル・ラウドルップを絶賛

 元フランス代表FWであり、現在はカナダのモントリオール・インパクトで指揮を執るティエリ・アンリ氏は、現役時代にアーセナルやバルセロナでプレーした。数多くの名プレーヤーと共演してきたアンリ氏が、一緒にプレーしたかったサッカー選手について、Jリーグでもプレーした選手の名前を挙げている。スペイン紙「スポルト」が報じた。

 アーセナルでは元オランダ代表FWデニス・ベルカンプ、バルセロナではスペイン代表MFシャビ、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、さらにフランス代表でもMFジネディーヌ・ジダンらとプレーしてきたアンリ氏が、ともにプレーをしたかった選手に挙げたのは、元ヴィッセル神戸のデンマーク代表MFミカエル・ラウドルップ氏だった。

「彼のパスの受け手になってみたかったね。彼にとって必要だったのは、走れる選手で、それは私が得意としていたことだ。私にとって、サッカーで最も重要なことの一つはパスだった。パスの受け手となる選手のどこにパスを出せばいいのか。彼は左利きなのか、右利きなのか。彼はスピードがあるのか、身長が高いのか、低いのかを考えていた。そして、ミカエル・ラウドルップ以上にパスがうまい選手を、私は歴史上で知らないよ」

 アンリ氏とラウドルップ氏のコンビは、どのチームにとっても脅威になったことだろう。数多くのゴールを量産したアンリ氏だが、もしラウドルップ氏とプレーしていたら、その記録はさらに伸びていたかもしれない。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング