36歳長谷部の熟練技に独識者も喝采 高次元の“心技体”…ブンデスで輝き続ける理由とは?

フランクフルトMF長谷部誠【写真:Getty Images】
フランクフルトMF長谷部誠【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】マインツ戦でアジア人選手最多「309試合出場」を達成 長谷部の持つ“強み”とは?

 2019-20シーズンのブンデスリーガ第30節マインツ戦(0-2)にフル出場を果たしたフランクフルトの元日本代表MF長谷部誠は、ブンデスリーガ通算出場試合数を「309」とし、アジア人選手としての最多記録を更新した。地元メディアにも、ファンにも「経験豊富でインテリジェンスの高い選手」と絶賛され続けているが、それにしても経験やインテリジェンスがあるからと、36歳の今も中心選手としてあれだけのクオリティーを発揮できるものなのだろうか。

 どれだけ頭の中で次のプレーを予測し、準備を整えていたとしても、それを実際のプレーで表現できなければどうしようもないはずなのだ。つまり、ブンデスリーガの強度に対応できるだけの基本的なフィジカル能力、競り合いの強さがなければ、判断力の精度とスピードはメリットにはならない。

 そして、もし相手チームにウイークポイントと分析されたら、試合中に露骨なまでに狙われるはず。大型FWを長谷部にぶつけてロングボールを蹴りこんできたり、くさびのパスを入れて優位な状況を生み出そうとする。

 実際にそういうやり方を狙ってくるチームもある。だが、そうした局面でさえ競り合いに負けないどころか、そこでボールを勝ち取ってしまうことができるからこそ、長谷部はブンデスリーガで生き残り続けることができているのだ。

 では具体的に、長谷部の持つ強みとはなんだろうか。純粋なスピード勝負では分が悪い。単純な短距離走では厳しいだろう。パワーにおいても、最大筋力の数値では勝てないかもしれない。

 だが、サッカーにおいて求められるフィジカル能力とは最大スピード、最大パワーの数値だけではない。長谷部は最短距離で対象物への距離を詰める身のこなしが非常に優れている。どれだけ馬力のある選手でも、スピードに乗れなければ力は存分に発揮できないが、その点長谷部は次のプレーに向けてスムーズに移行するための体の向きと準備ができているので、すぐに動き出せる。

 さらに言うと空間把握能力が非常に高く正確なので、ボールの動きから速やかに到達点をはじき出し、無駄の少ないタイミングとコース取りを可能にする。他の選手は誤差を修正しながらボールを追いかけるから、余分な距離とコースを走ってしまうことがある。だから相手のロングボールが手薄なサイドに抜けてきても、すでに到達点には長谷部がいたりする。

page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング