久保建英、フィジカルの完成形 その鍵は“お尻”にあった!?…恩師が指摘「理想はメッシ」

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

プロトレーナーの木場氏、細かいタッチのドリブルを支える要素に注目

 マジョルカの日本代表MF久保建英は今季、リーガ・エスパニョーラ1部で24試合出場3得点を記録し、スペインの地で順調な歩みを続けている。現地時間13日のリーグ戦再開初戦ではバルセロナと対戦するなか、久保を長年指導するプロトレーナーの木場克己氏(COREトレSTUDIO)は、その将来像を展望。「理想はメッシになるのかもしれません」として、その理由についても語っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 久保は昨夏、FC東京からスペインの名門レアル・マドリードに完全移籍。シーズン開幕後にマジョルカへの期限付き移籍が決定した。当初は出場機会に恵まれない時期も過ごしたものの、次第に出番を増やして結果を残すと、新型コロナウイルスによるリーグ中断前にはレギュラーの座を確保している。

 現在は新型コロナウイルスの影響による自宅待機期間が終わり、マジョルカでの練習を再開。リーグ戦再開初戦となるバルセロナ戦に向けて、着々と準備を進めている最中だ。

 スペイン1年目での久保の“進化”について、小学5年生の頃からトレーニング指導に当たる木場氏は「建英の育ったところは脇腹とお尻、首、あとは膝周り」と指摘。フィジカル強化の観点から将来的な“理想像”を尋ねると、「体幹がどうこうと言うよりも、むしろ彼の武器であるドリブルに関するところ」と前置きしたうえで、次のように持論を語った。

横から見た2人の筋肉のライン(※参考)【写真:Getty Images】
横から見た2人の筋肉のライン(※参考)【写真:Getty Images】

「彼はドリブルの時に細かいタッチをしています。例としてメッシは(足元から)45cm以内でドリブルするらしいんですが、(メッシは)後ろから見てもお尻の筋肉がすごく発達している。メッシや建英のように細かいタッチ数で前に進むドリブラーは、お尻の筋肉がしっかりしている証拠。ボールを蹴る時の脇腹の筋肉と、お尻の筋肉を鍛えていかないと、今のプレースタイルが変わる可能性があります。そう考えると、理想はメッシになるのかもしれません」

 いわゆる“ボールが足に吸い付く”ようなドリブルを実現し、相手DFからボールを取られにくく、細かな方向転換で翻弄するプレースタイル。世界最高とも謳われるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとは明確な類似点があり、まだその域には達していないとはいえ、フィジカル面から見ても片鱗を見せつつあることは確かなようだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  9. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ