ウクライナ新鋭、技ありの”両足”ダイレクトリターンに香川の元同僚も反応 「100点」

シャフタールMFムィハーイロ・ムドリク【写真:Getty Images】
シャフタールMFムィハーイロ・ムドリク【写真:Getty Images】

シャフタールMFムドリクが約20mのロングフィードを的確に返球

 抜群のテクニックでSNS上を賑わせているU-21ウクライナ代表MFムィハーイロ・ムドリクが、公式インスタグラムに新たな動画をアップした。ロングフィードを左右両足それぞれで蹴り返す絶妙キックを見せると、サラゴサMF香川真司の元同僚も「ベスト。100点」と太鼓判を押している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 9歳でサッカーを始めたムドリクは、2016年に母国の強豪シャフタールの下部組織に入団。18年の国内カップ戦でトップチームデビューを果たした。昨季アルセナル・キエフへのレンタルを経て、今季シャフタールに復帰しており、飛躍が期待される逸材だ。

 マジョルカの日本代表MF久保建英と同じ2001年生まれのムドリクは5月27日に自身のインスタグラムで、5階相当で約15メートルはあろうかという高さから落ちてきたボールのトラップに挑戦する動画を投稿。ボールが近づいてきたところで足を上げると、勢いを完全に殺して右足首でキャッチする衝撃のテクニックを披露し。“重力なんて俺には関係ない”と言わんばかりに、「学校で物理学は習っていなかった」とメッセージを添えて海外メディアの注目を集めた。

 6月7日には“新作”を2本投稿。「これを自宅で試しちゃダメだ。どちらのビデオがいい?」と綴られたのは、ロングフィードの“ダイレクト返し”だ。約20メートル先から飛んでくる山なりのボールに対し、少し助走をとって右足でミート。地を這うような低空のリターンで的確にパサーの元に返してみせた。もう一本の動画では利き足とは逆の左足で、こちらも絶妙な低空パスに成功している。

 このテクニック動画には、ドルトムント時代に日本代表MF香川真司と同僚だった元ドイツ代表DFケビン・グロスクロイツ(ユルディンゲン)「ベスト。100点」とメッセージを送り、ムドリクも「ありがとう、ブラザー」と返答。ファンからも「今まで見たなかで最高」「魔法を使っている」「物理の法則に反している」「カッコイイ!」と声が上がるなど反響を呼んでいた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ