バルサ、“レンタル組”の処遇で経営にダメージ? 総額約10億円の追加支払いが発生か

バイエルンへレンタル中のコウチーニョ【写真:Getty Images】
バイエルンへレンタル中のコウチーニョ【写真:Getty Images】

期限付き移籍中の4選手と例外的な“契約延長”となる可能性

 すでに再開したドイツ・ブンデスリーガをはじめ、スペインのリーガ・エスパニョーラなども6月の公式戦再開を目指して動き出している。試合が問題なく開催されるかに焦点が当たる一方で、各クラブが頭を悩ませるのは、期限付き移籍選手に対する報酬面の処遇だ。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 スペイン紙「マルカ」が伝えるところによると、特に難しいかじ取りを求められるのは現在リーガ首位のバルセロナだという。今季バルサはブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(バイエルン・ミュンヘン)、MFカルレス・アレーニャ(ベティス)、MFラフィーニャ(セルタ)、DFジャン・クレール・トディボ(シャルケ)の4人をローン移籍の形で送り出している。

 しかし、従来の契約終了日である6月30日までに公式戦全日程を終えられないことは確定しており、なおかつコウチーニョが所属するバイエルンの場合は8月に集中開催予定のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を勝ち進んでいることもあり、1~2カ月間の例外的な“契約延長”が必要となる。この延長期間に対して、従来ならバルサ側は給与の支払い義務が発生し得る。

 コウチーニョの給与2カ月分となると約500万ユーロ(約6億円)、4選手総額だと800万ユーロ(約10億円)に達する可能性がある。コロナ禍において無観客試合が続くなど、経営にダメージがあるなかでの“追い打ち”となる。

 この金銭面の調整についてはUEFA並びにリーグ側が対処しているものの、正式な決定は出ていない。ピッチ内外で今までにない問題が噴出するサッカー界だが、バルサはいかにしてこの危機を乗り切っていくのだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ