「ドルトムントの香川になれ」 殊勲の鎌田、“本物のスター”の条件を海外指摘「合格できる」

2試合連続ゴール中の鎌田大地【写真:Getty Images】
2試合連続ゴール中の鎌田大地【写真:Getty Images】

2戦連続ゴールの鎌田に海外注目「最も必要なタイミングでステップアップした」

 フランクフルトは現地時間5月30日、ブンデスリーガ第29節の敵地ヴォルフスブルク戦で2-1と勝利。日本代表MF鎌田大地は試合終盤に決勝弾をマークし、7試合ぶりの白星に貢献した。海外メディアはMF香川真司(現サラゴサ)を引き合いに出し、「本物のスター」への必要条件を指摘している。

 新型コロナウイルスによる中断期間を経て今月17日にブンデスリーガは再開。1分2敗と再開後未勝利で迎えたフランクフルトは、ヴォルフスブルク戦でも元日本代表MF長谷部誠が3バックシステムの中央に入り、鎌田はトップ下に配置された。前半27分にPKで先制したが、後半13分に追いつかれてしまう。

 しかし、1-1で迎えた後半40分、左サイドからのクロスをペナルティーエリア右でFWバス・ドストが頭で落とすと、走り込んだ鎌田が左足で流し込んで決勝弾を奪った。前節フライブルク戦(3-3)に続く2戦連発となり、チームとしては第21節アウクスブルク戦(5-0)以来7試合ぶりの勝利となった。

 殊勲の活躍を披露した鎌田に対し、国内メディアも絶賛の言葉を送っていたなか、米スポーツ放送局「ESPN」も「フランクフルトが最も必要なタイミングで鎌田大地がステップアップした」と見出しを打ち、低調な成績で下位に沈み始めていたチーム状況で見せた鎌田の覚醒に注目している。

「昨季期限付き移籍していたシント=トロイデンで15得点を記録したことを踏まえると、この日本代表はゴールを奪う術を習得している。ブンデスでその能力を発揮するのは厳しいテストだったが、合格できることを証明した。欧州トップリーグで本物のスターになりたければ、ドルトムントの香川がそうであったように、継続的にゴールを奪い続けることだ」

 記事では、昨季までドルトムントでプレーし、世界的なトッププレーヤーへと飛躍した香川を引き合いに出し、鎌田が偉大な先輩に続くよう継続的な得点力の重要性を訴えていた。今季リーグ戦初ゴールから2戦連続でネットを揺らしている鎌田だが、真価を問われるのはここからだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング