鎌田大地は「模範となる選手」 値千金の決勝弾に現地感銘「不足していた美徳を体現」

フランクフルトMF鎌田大地のメンタリティーを独紙が称賛【写真:Getty Images】
フランクフルトMF鎌田大地のメンタリティーを独紙が称賛【写真:Getty Images】

試合終盤にスペースに走り込むメンタリティーが称えられる

 フランクフルトの日本代表MF鎌田大地は現地時間5月30日、ブンデスリーガ第29節ヴォルフスブルク戦(2-1)で決勝点を記録した。チームにとって7試合ぶりの勝利に貢献し、ドイツ紙「ギーゼナー・アルゲマイネ」は手放しで称賛。「決勝点を挙げただけでなく、フランクフルトに不足していた美徳を体現し、模範となる」と称えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 新型コロナウイルスによる中断を経て、ブンデスリーガは5月16日に再開の日を迎えた。フランクフルトは再開後に1分2敗と苦しむなか、ヴォルフスブルク戦では鎌田と元日本代表MF長谷部が揃って先発に名を連ねている。試合は前半27分にPKで先制。一度は追い付かれたものの、後半40分に鎌田が決勝点を挙げ、勝ち点3を手にした。

 この結果、フランクフルトは消化試合が少ないなかで勝ち点32の12に浮上。同じく消化試合が「1」少ない降格圏の17位ブレーメンとは勝ち点6差となった。この勝利を演出した鎌田について、「ギーゼナー・アルゲマイネ」は「決勝点を挙げただけではなく、フランクフルトに不足していた美徳を体現し、模範となる選手だ」と称賛。試合終盤にスペースに走り込んで決めた決勝弾に言及している。

「彼はボールが来ることに確信は持っていなかった。しかし、あのプレーはまさにサッカーの指導者が選手たちに実践してほしいものだ。たとえ疲労困憊だったとしてもフリーランを続ければ、この土曜日の午後のようなことが起こるのだから」

 可能性に懸けて走り切り、1点の攻防を制する。サッカーの原点とも言える部分を徹底した鎌田のメンタリティーは、感銘を与えたようだ。同紙は「ニッポンからやってきた男は、フランクフルトの双肩にのしかかっていた重圧を振り払った」とも綴っており、残留争いに巻き込まれていたチームにとって値千金の一撃だったことは間違いない。

 今季はレギュラーとしてシーズンを戦い続け、ここに来て評価をさらに高めつつある鎌田。残り7試合でのプレーにも注目したい。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」